転職成功者インタビュー | リージョナルHERO

  • TOP
  • リージョナルHERO

リージョナルキャリアで転職した方々に、転職の経緯や成功の秘訣をお聞きしました。

CASE283群馬→栃木で転職

家族の笑顔が自分の幸せ。転職が教えてくれた本当に大切なもの。

ペンタテクノサービス株式会社 山本和也さん(仮名)  38歳

群馬県でSEをしていた山本さんは35歳の時、家族のために転職・移住を決断した。きっかけは、里帰り出産で栃木県の実家へ戻っていた奥さんから、「このまま栃木で暮らせないか」と相談されたこと。驚いた山本さんだったが、群馬には頼れる家族も友人もいなく、自身も残業や出張の多い日々で、その気持ちは理解できた。現職に不満はなかったが、妻子のために栃木への転職活動を開始。最終的に選んだのは、異業種の会社だった。「おかげで家族との時間だけでなく、自分の時間も増えました。転職してよかったと心から思います」とほほえむ山本さんの体験談を紹介しよう。

詳しく見る

CASE282東京→広島で転職

「広島で家族みんなと暮らす」あたり前の日常に心から幸せを感じる。

八千代工業株式会社 今田毅さん(仮名) 38歳

大手医療機器メーカーに在籍し、都内で働いていた今田さんは、広島の実家の事情もあって、毎週末、単身赴任先の東京から広島の自宅に帰省する生活を送っていた。過去に2度、Uターン転職を考えて行動を起こしたこともあったが、その時は転職の決断はできかったという。しかし、コロナ禍で状況は一変し、「広島で家族みんなと暮らしたい」という想いが強まる。3度目の転職活動で、以前は見えてこなかった「自分の中で一番大事にしたいこと」が明確になったという今田さんのUターン転職体験談を紹介する。

詳しく見る

CASE281東京→愛媛で転職

地元愛媛へのUターンで「心にゆとりが生まれた」。自身の志向性とマッチした社風にも満足。

株式会社ヒューネット  川上裕子さん(仮名) 31歳

全国展開する大手企業で映像関連作品のバイヤーとして活躍していた川上さん。新規事業開発に携わるなど充実した日々を送っていたが、「いずれは地元愛媛に帰ろう」と心に決めていたという。30歳を機に転職活動をスタートさせ、地元愛媛でキャラクターグッズなどの企画・制作を手掛けるヒューネットと出会い、Uターン転職を果たした。「愛媛に戻り、心にゆとりが生まれた」と話す川上さんに、新しい仕事や生活について伺った。

詳しく見る

CASE280愛知→北海道で転職

将来を考え、北海道で腰を据えて働ける企業に転職。穏やかな生活と新たなやりがいを見つけた。

株式会社メディカルシステムネットワーク 高畑優斗さん(仮名) 34歳

大手企業グループのシステム会社に勤務していた高畑さん(仮名)。プロジェクトの規模も大きく、収入も厚待遇だったが、仕事上の苦労も少なくなかったという。担当の工場は24時間稼働なので、トラブルが発生すれば夜中でも対応を迫られ、休日に家族との約束を守れないことが少なくなかった。また、プライベートでは小さな子どもを抱えていて、愛知県には頼れる身寄りがいないことが不安だったため、33歳のときに北海道へのUターンを決意。北海道でシステム開発の職を得た高畑さんは、新たな仕事のやりがいと地元での穏やかな生活を語ってくれた。

詳しく見る

CASE279京都→岡山で転職

岡山で海外営業のキャリアを活かす。家族との時間も増えて生活の質も向上。

株式会社メイト 小笠原良平さん(仮名) 35歳

メーカーで海外営業やマーケティング業務に従事し、キャリアを築いてきた小笠原さん(仮名)。多忙な日々を過ごしていたため、私生活で4歳と2歳の子供の育児にあまり関われないことを悩んでいた。奥様と話し合い、当時住んでいた京都から奥様の地元である岡山への移住を決意。希望する「海外営業」の仕事を岡山で見つけるのは難しいと思われたが、グローバルに展開している材料メーカーと出会う。希望通りのキャリアを築けることはもとより、「子育てがしやすい環境で生活の質も向上した」という小笠原さんの転職体験談を紹介しよう。

詳しく見る

CASE278東京→熊本で転職

東京での経験を活かし、地元熊本でキャリアアップも実現!

株式会社カリーノファシリティーズ 松永徹さん(仮名) 36歳

熊本出身の松永さん(仮名)は高校卒業後に東京の大学へ進学し、そのまま都内の不動産会社で働いていた。仕事にも不満はなく、「熊本にUターンするのは定年後」と考えていたが、熊本地震を機に両親のそばで暮らしたいという想いが強まり、35歳でUターンを決意した。現在勤務しているのは、熊本では数少ない不動産デベロッパー。過去の経験がそのまま活かせるうえ、「以前からずっとやってみたかった業務もできるようになりました」と喜ぶ松永さん。両親のために決断したUターンが、自分自身のキャリアアップにもつながっているようだ。

詳しく見る

CASE277北海道で転職

もっと自分の力を発揮できる場所へ!諦めずに目標だった株式上場を実現。

北海道歯科産業株式会社 岩切明弘さん(仮名) 36歳

岩切 明弘さん(仮名)は32歳のときに東京から札幌にUターンし、複数の企業で株式上場の準備業務に携わってきた。しかし、社内事情などによって上場は結局、実現できずじまいだったという。「株式上場を最後までやりとげたい!」という気持ちが強くなっていった岩切さんは、知人のすすめもあって転職活動を決断。リージョナルキャリア北海道の紹介で今の会社と出会い、入社1年後には目標だった株式上場を成し遂げた。「感無量でした。どこかであきらめていたら、今の結果はなかった。チャレンジしてよかった!」と語る岩切さんの転職体験談を紹介しよう。

詳しく見る

CASE276山口→徳島で転職

転職で自分の時間が増え、人生が豊かに。早めに決断して大正解!

株式会社阿波銀行 木村信介さん(仮名) 34歳

新卒で大手生命保険会社に就職した木村信介さん(仮名)。同期の中でもいち早く営業所長に昇進して仕事に邁進していたものの、「仕事は多忙を極め、プライベートな時間をほとんど持てなかった」と当時を振り返る。そんな折、徳島の祖母が他界。それをきっかけに自分の役割と今後の人生を見つめ直すようになった木村さんは、徳島への移住と転職を決断。転職活動を通じて出会ったのは、保険の提案力強化を課題にしていた地方銀行だった。「徳島に住むのは初めてでしたが、とても暮らしやすい街。人生が豊かになり、早めに決断してよかったです」と話す木村さんの転職体験談をうかがった。

詳しく見る

CASE275東京→ 香川で転職

「30歳で地元に帰る」希望を実現。仕事とプライベートが充実し「幸福度」が上昇。

高松帝酸株式会社  中本春樹さん(仮名) 33歳

東京の大学に進学し、卒業後は東京本社の商社に入社した香川出身の中本さん(仮名)。全国展開するコンビニやドラッグストアのバイヤーに対し販促プランまで含めた総合提案を行うなど、影響力の大きな仕事に取り組んでいた。しかし以前から「いずれ地元の香川に戻りたい。結婚後は地元で過ごしたい」という考えを抱いていた中本さんは、30歳を前にUターンを模索し、地元香川で理想的な仕事と出会う。「地元での落ち着いた暮らし」と「力を発揮できる仕事」の両立に成功した中本さんに、Uターン転職活動を振り返ってもらった。

詳しく見る

CASE274神奈川→静岡で転職

静岡にいながら世界トップレベルの研究に取り組め、私生活も理想の形に。

ポリプラスチックス株式会社 高橋知也さん(仮名)  33歳

大手生活用品メーカーの研究員として、仕事のやりがいや待遇にも満足していたという高橋さんだが、結婚を機に今後のライフプランを真剣に考えるようになったという。夫婦ともに静岡県の出身で、首都圏では理想とする子育てができるイメージがわかなかったため、「自分にとって本当に大事なものはなにか?」を自問自答し、静岡へのUターン転職を決意。そして出会ったのは、静岡に研究所を置きながら、世界的なシェアを誇る素材メーカー。「研究レベルの高さに驚きました。家族との時間もすごく増えたんです」と高橋さんは笑顔で体験談を語ってくれた。

詳しく見る

PAGE TOP

求人検索
地域で探す
北海道・東北 関東 北信越 東海 関西 中国 四国 九州・沖縄
職種で探す
営業系 事務・管理・企画系 サービス、販売、運輸系 Web・クリエイティブ系 専門職(コンサルタント、金融、不動産) ITエンジニア 電気、電子、機械技術者 素材、食品、医薬品技術者 建築、土木技術者 教育、医療、福祉 その他
業種で探す
IT・通信 金融・保険 メーカー(電気・電子・機械系) メーカー(素材・消費財・医薬・食品・その他) 商社(電気・電子・機械系) 商社(総合商社・素材・消費財・医薬・食品系) 流通・小売・サービス 専門コンサル・ビジネスサービス 広告・出版・印刷・マスコミ 建設・土木・不動産 その他
注目キーワードで探す
上場企業 トップシェア グローバル 管理職 幹部 マネージャー スペシャリスト 管理部門 M&A 30代 【キーワードを入力】
相談会情報を探す