リージョナルグループスタッフBlog

熊本その他2019.06.07

2018年度の熊本県求人倍率が過去最高を記録!

みなさんこんにちは!ココクマ編集部です。

先日、熊本県労働局より明るい話題が発表されました!
2018年度の熊本県の有効求人倍率は1.69倍、新規求人倍率は2.53倍と、いずれも統計開始の1963年度以降最高を記録したとの事です。
なお、有効求人倍率・新規求人倍率共に、震災発生の2016年度から3年連続で過去最高を更新しています。

全国的に人手不足が深刻とされていますが、2018年全国の平均有効求人倍率は1.61倍で、高度経済成長の末期にあたる1973年(1.76倍)以来45年ぶりの高水準だったとのことです。
熊本県に関しては、地震からの復旧復興需要の影響が大きく、現在全国平均を上回っている・・という状況です。





九州沖縄でも18年度の求人倍率は過去最高を更新

厚生労働省の発表によると、九州・沖縄の2018年度の有効求人倍率は1.46倍で、4年連続で過去最高を更新との事。
九州・沖縄でも企業の人手不足が続いており、熊本県1.69倍、福岡県1.59倍と続いています。


転職のためには今を知ろう!

有効求人倍率は、国内の景気判断を行う際の代表的なもので、仕事を探す人1人に対して、何人分の求人があるかを示す指標です。
1.69倍は、仕事を探す人100人に対して169人分の仕事がある状態。
つまり、有効求人倍率が1より大きい時は、求職者よりも求人数が多く、働き手が不足している「売り手市場」と言えます。
ちなみに、リーマンショック直後の2009年の全国の有効求人倍率は0.47倍、バブル期の1990年は1.46倍・・・いかに今が高水準なのかがわかりますね。

引き続き2019年も有効求人倍率は高く、企業の採用意欲は旺盛と言えるでしょう。
転職のタイミングを検討する際は、是非有効求人倍率も参考にしてみてくださいね。




参考出展:一般職業紹介状況(平成30年12月分及び平成30年分)について(厚労省)

この記事を書いた人

リージョナルスタイル認定チーフコンサルタント
桝永 健夫

バックナンバー

リージョナルキャリア熊本サイトへ

PAGE TOP

求人検索
地域で探す
北海道・東北 関東 北信越 東海 関西 中国 四国 九州・沖縄
職種で探す
営業系 事務・管理・企画系 サービス、販売、運輸系 Web・クリエイティブ系 専門職(コンサルタント、金融、不動産) ITエンジニア 電気、電子、機械技術者 素材、食品、医薬品技術者 建築、土木技術者 教育、医療、福祉 その他
業種で探す
IT・通信 金融・保険 メーカー(電気・電子・機械系) メーカー(素材・消費財・医薬・食品・その他) 商社(電気・電子・機械系) 商社(総合商社・素材・消費財・医薬・食品系) 流通・小売・サービス 専門コンサル・ビジネスサービス 広告・出版・印刷・マスコミ 建設・土木・不動産 その他
注目キーワードで探す
上場企業 トップシェア グローバル 管理職 幹部 マネージャー スペシャリスト 管理部門 M&A 30代 【キーワードを入力】
相談会情報を探す