地域情報ブログ

北海道イベント2023.11.22

「大樹町でまちと宇宙を動かす!〜まちをつくる2人目のダンサー求む〜」イベントに参加してきました!

こんにちは。リージョナルキャリア北海道のコンサルタント、宮崎です。

1118日に札幌駅近くのコワーキングスペースで開催された()ドット道東主催「大樹町でまちと宇宙を動かす!〜まちをつくる2人目のダンサー求む〜」トークセッションに参加してきました!


大樹町を拠点に宇宙関連企業で活躍しているお二人と、札幌市から大樹町に移住し、移住コーディネーターをしている方のお話を軸に、世界が注目する大樹町の宇宙産業の状況や大樹町の街づくりや現状や課題をお聞きしました。


参加者は30名ほど、大学生の方から幅広い層の方々が熱心に聞いていました。

オフラインイベントという本音も交じりながらのトークは楽しくてあっという間の2時間半でした。


この記事では、当日の内容、宇宙産業、そして大樹町についてお伝えします。


画像1.png

※引用:ドット道東 公式サイト(最終閲覧日:2023年11月22日)


大樹町は約40年前から宇宙産業の誘致をしていた

インターステラテクノロジズ株式会社のロケット開発部門が進出してから、各段に知名度が上がった同町ですが、実は歴代の町長含め、町全体が宇宙産業の誘致に力を入れてきました。

鹿児島県の種子島・内之浦に次ぐ国内3番目のロケット射場の候補地として、大樹町が手を挙げたことが始まりです。


「航空宇宙産業基地」の候補地とされて以来、官民一体となって「宇宙のまちづくり」を進め、既にJAXAや大学の研究も行われています。


宇宙産業の全体感と日本について

トークセッションでは最初に宇宙産業の現状と将来性について教えていただきました。


現在、世界中で宇宙産業は活況で、現在は60兆の市場であると言われていますが、2040年には100兆円を超える規模のマーケットに成長するそうです。


世界中でロケットは年間200回打ち上げられている中で、昨年日本は0回です。

人工衛星を宇宙に飛ばすときには、現状は外国のロケットを使用することになります。


人工衛星が必要な理由としては、天気予報などの位置情報や、観測、世界中どこにいても通信が可能になるという暮らしを支えてくれる大切な役割を果してくれるからです。


SPACE COTAN株式会社 CMO中神 美佳さん

同社からはCMO中神さんが登壇されました。

十勝出身で、キャリアは大手自動車メーカーからスタートしたとの事です。


同社は民間の商業宇宙港を運営する目的があり、「北海道に宇宙版シリコンバレーをつくる」ことで宇宙産業の発展と日本の経済活性化に貢献したいというビジョンを掲げています。


なぜ、そもそも大樹町に発射場なのかというと、町が40年間誘致活動をやってきて、地元の皆さんにも理解が浸透していること、そして立地。

東も西も海が広がり、打ち上げる方角が2方向あること、そして広大な土地のおかげで1kmに及ぶ滑走路の建設が可能です。


さらに、気候が十勝晴れと言って晴天になる事が多く、人口密集地が近くにないことや、空も海も交通の混雑がないという地理的な条件と気候がぴったりと揃っている土地であることが誘致成功の理由であることがよく理解できました。


※以下、写真は全て筆者撮影です。


▽セミナーの様子

画像2.png

画像3.png

インターステラテクノロジズ株式会社 PR・マーケティンググループ グループリーダー 高橋 聡実さん

今回登壇された同社PR担当の高橋さんは、これからの子供たちに日本が右肩上がりの成長を遂げる産業を残していきたいとの想いで、成長産業である宇宙に関わりたいと20217月にインターステラテクノロジズへの転職を決めたそうです。


同社のビジョンは「誰もが宇宙に手が届く未来」を掲げ、宇宙の総合インフラ会社になることを目指しています。

代表の稲川氏はエンジニア出身であり、138名の社員は何がしの熱い想いを持って入社していて、誰に聞いても熱い想いを語れる人材が活躍しているそうです。


そもそも、なぜロケットを作るのでしょうか。

ロケットは宇宙へものを運ぶための輸送手段ですが、宇宙に行くためのアクセスの部分がもっと安くて便利になれば、宇宙でビジネスをしたい人が一般的になる世の中を目指しているそうです。


世界では民間のロケット開発会社も出てきており、プレイヤーは年々増えているとのことでした。数年後は量産を目指しながら、日々開発に取り組んでいるとの事です。


宇宙が身近に感じられるようなワクワクするお話でした。


大樹町 移住コーディネーター岡山 ひろみさん

岡山さん自身が大樹町にご家族で訪れたことがきっかけで、この土地の大ファンになり、住むことを決めたそうです。

希望の生活を叶えるための移住に大満足しながらも、移住者としては慣れない部分があった経験を今は「移住者支援と街づくり」の仕事で活躍されています。


ビジョンは、50年後も住んでいたい街をつくるとのこと。

ワーキングステイ住宅や、移住希望者向け住宅、子育て支援など新たな取り組みがどんどん始まっていて、やりたいことが山ほどあるけれども、人手が足りないため、ぜひ一緒に活動してくれる仲間を求めています!と最後にはリクルーティングのお話もありました。


そして、イベント後半は懇親会があり、大樹町のお土産品を頂きながら皆さんと会話させていただきました。下の写真の「隕石まんじゅう」もその一つです。


画像4.png

まとめ

今回は、日本の宇宙産業の発展に貢献していく2社について理解が深まりました。

そこで働くお二人がどういう経緯やどんな想いで転職されて今に至るのかというお話も仕事柄とても興味深く聞かせていただきました。


一方で、街づくりでは、住んでいる方々がより良い街にしたいが、まだまだ課題が沢山あるというリアルな話も聞きました。


十勝で唯一人口が増えている町、日本の宇宙産業の発展に貢献している大樹町をもっと応援したいと思ったイベントでした。


▼北海道専任のコンサルタントへのキャリア相談はこちら

個別キャリア相談会 開催一覧

▼北海道の公開求人はこちら

北海道求人 一覧

この記事を書いた人

コンサルタント 
宮崎 美晴

バックナンバー

福岡企業

2024.03.01

「年収が高い上場企業」ランキング2023-福岡本社企業の平均年収は590.3万円。1,000万円超も2社ランクイン

リージョナルキャリア福岡のコンサルタント、原田です。 先日ダイヤモンド社より、九州・沖縄地方における「年収が高い会社ランキング2023」が発表されました。 上場企業の有価証券報告書に記載された平均年収のデータを使って、「九州・沖縄地方で年収が高い会社ランキング2023最新版」を作成した。福岡、佐賀、

徳島企業

2024.03.01

"奇跡の村"を創る「KITO DESIGN HOLDINGS株式会社」の求人特集

リージョナルキャリア徳島のコンサルタント、吉津です。 今回は、徳島県那賀郡にある人口1,000人程度の限界集落「木頭」で地方創生に取り組む「KITO DESIGN HOLDINGS株式会社」を紹介します。 (画像出典:KITO DESIGN HOLDINGS株式会社公式HP) 地域活性化と観光産業

香川企業

2024.03.01

独自の経営哲学と多角化戦略で発展を続ける「株式会社総合開発」の求人特集

今日は、香川県観音寺市に本拠地を構える「株式会社総合開発」を紹介します。 (画像出典:株式会社総合開発公式HP) 多角的事業展開と持続可能な社会への貢献 株式会社総合開発は、「コンクリート事業部」「建設事業部」「環境事業部」「リネンサプライ事業部」「冷蔵事業部」「セメント事業部」「不動産・エネルギ

栃木企業

2024.03.01

【企業紹介】栃木本社ロボットSIer 新エフエイコム株式会社

こんにちは。リージョナルキャリア栃木のコンサルタント、高山です。 今日は小山市にある「ロボットSIer」を紹介します。「ロボット」と聞くと、子供のころに見ていたアニメを思い出してわくわくしませんか? 近未来のように感じていた言葉ですが、最近はずいぶんと身近な存在になりました。 例えば、ものづくり

宮城企業

2024.03.01

【企業紹介】東北地域の食料品商社 国分東北株式会社

こんにちは。リージョナルキャリア宮城のコンサルタント、菅原です。 今日は東北の地域の食料品商社である「国分東北株式会社」を紹介します。同社はより良いものを適正な価格で地域の生活者に届ける役を担う東北地域の食料品商社です。 同社の歴史を辿ると、なんと江戸時代からはじまります。今回は、国分グループ・国

他の記事を検索する

ページトップへ戻る