地域情報ブログ

北海道その他2023.09.28

【北海道】夏の電気代事情

こんにちは。リージョナルキャリア北海道のコンサルタント、佐々木です。

北海道ではようやく暑い日々も落ち着き、朝晩は半袖だと肌寒さを感じる時期になってきました。

今年の夏は北海道も例年以上の暑さで、最高気温が30度以上の真夏日が44日連続、札幌市では2023年8月23日に観測史上1位の36.3度を観測するなど、本州に比べ湿度は低いとは言っても、夏は涼しい北海道のイメージはどこへやら...です。

連続真夏日や過去最高気温を更新した北海道ですが、まだまだエアコンの普及率は本州に比べると低いのが実状です。古いデータにはなりますが、2014年の総務省の全国消費実態調査によると、北海道のエアコン 普及率は25%前後、2021年でも全国平均は93%ですが北海道は40%台と低い普及率です。(※)

今年のような酷暑が続くと、さすがにエアコンを設置しないと生活するのも一苦労です。

我が家はエアコンをリビングと寝室2台設置していますが、リビングのエアコンに関しては振り返ると7月下旬から8月いっぱいはほぼ毎日つけていたのではと思います。

電気やガス料金が値上がりしている現在、今回は北海道の夏の光熱費のリアルをお伝えできればと思い、我が家の光熱費事情を公開します!

※参照:
e-Stat 全国家計構造調査 平成26年全国消費実態調査(最終閲覧日:2023年9月28日)

ウェザーニュース|連日35℃超え猛暑の北海道 しかしクーラー保有率は約4割(最終閲覧日:2023年9月28日)

そもそも光熱費の平均は...?

まずはそもそも、光熱費はどれくらいかかるのかでしょうか。全国の平均値(2022年、世帯人数2人)を見てみましょう。

ガス代 上下水道料 電気代 他の光熱 合計
全国平均 5,232円 5,207円 12,678円 1,404円 24,521円

※データ引用:総務省「家計調査 家計収支編/都市階級・地方・都道府県庁所在市別1世帯当たり1か月間の収入と支出」

総務省の調査(2022年分)によると、世帯人数が二人の場合の1ヵ月の光熱費の平均は24,521円となっています。

もちろん季節や地域によって変動するので、必ずしも上記が全共通ではありませんが、一つの目安になりますね。

ちなみに季節(四半期)ごとの光熱費の違いは下記内容となります。

ガス代 上下水道料 電気代 他の光熱 合計
1~3月 6,875円 5,370円 14,847円 2,828円 29,919円
4~6月 5,828円 5,229円 11,911円 922円 23,890円
7~9月 3,704円 5,188円 11,662円 259円 20,813円
10~12月 4,522円 5,042円 12,293円 1,607円 23,464円

※データ引用:総務省統計局「家計調査 家計収支編」(最終閲覧日:2023年9月28日)

やはり冬場の光熱費が最も高くなりますね。その他の時期はそこまで大きな差はありません。

我が家の光熱費事情

では、実際に北海道に住む我が家の光熱費はいくらくらいなのか、今回は直近6~9月の4か月間の光熱費を公開します。

我が家は夫婦共働きで、戸建て住宅に二人暮らしをしています。

ガス代 上下水道料 電気代 合計
2023年6月 9,148円 8,042円 7,701円 24,891円
2023年7月 6,845円 - 4,804円 11,649円
2023年8月 5,619円 6,279円 5,661円 17,559円
2023年9月 5,511円 -円 11,345円 16,856円
平均 6,780円 3,580円 7,377円 17,738円

ちなみに2022年同月のデータはこちらです。

ガス代 上下水道料 電気代 合計
2022年6月 8,338円 5,692円 7,705円 21,735円
2022年7月 6,976円 - 5,494円 12,470円
2022年8月 6,880円 7,454円 8,160円 22,494円
2022年9月 8,215円 - 6,828円 15,043円
平均 7,602円 3,286円 7,046円 17,935円

こうして見てみると、今年9月分の電気代は対前年比約1.6倍と増えてはいますが、全国の平均値と比べると下回っています。

北海道が酷暑だったとはいえ、電気の使用量はやはり少ないようです。

ちなみに我が家の6月のガス代が割高なのは、5月上旬はまだ寒い日もありますので、パネルヒーターを使用していたためであると考えられます。

まとめ

ご覧いただいたように、酷暑となった今年の北海道における光熱費、特に電気代は全国の平均値よりすこし下回る結果となりました。

ただ、皆さんがもっともに気になるのは、暖房をフル回転する「冬の光熱費」でしょうか。

北海道は12~2月まで厳しい寒さが続きますので、光熱費が夏に比べて倍近くかかる場合もあります。次の機会にリアルな数字をお伝えできればと思います。


▼北海道専任のコンサルタントへのキャリア相談はこちら

個別キャリア相談会 開催一覧



▼北海道の公開求人はこちら

北海道求人 一覧

バックナンバー

岐阜企業

2024.05.27

岐阜県の上場企業決算状況まとめ(2024年3月期)

みなさん、こんにちは。リージョナルキャリア岐阜のコンサルタント、坂です。 早速ですが、今回は岐阜県の上場企業のうち、決算期を3月としている25社の決算状況をまとめました。ちょうど2年ほど前にも同じようにまとめたブログ記事をUPしています。色々比較しながら見てみると、業績の変遷や商号・組織体制の変更な

三重企業

2024.05.27

三重県の上場企業決算状況まとめ(2024年3月期)

みなさん、こんにちは。リージョナルキャリア三重の瀬古さやかです。 早速ですが、今回は三重県の上場企業21社のうち、決算期を3月としている(一部2月もあり)16社の決算状況をまとめました。ちょうど2年ほど前にも同じようにまとめたブログ記事をUPしています。 三重県の企業調査において、ご参考にして頂けま

静岡

2024.05.26

おすすめクラフトビール&ジン/地元のスピリットを味わう 【静岡県東部エリア編】

  こんにちは。 リージョナルキャリア静岡(運営:株式会社リンク・アンビション) スタッフの大塚です。   近年、クラフトビールなどのオリジナルドリンクが飲めるブルワリーやイベント、フェアなどが急増しています。 国内のビール・発砲上蔵書数は、2019年度(422社)から3年後の2022年度には20

沖縄その他

2024.05.24

【沖縄県の有効求人倍率】2024年3月の沖縄県の有効求人倍率の推移と倍率をご紹介します

リージョナルキャリア沖縄のスタッフです。 沖縄県の3月の有効求人倍率の推移と状況をご紹介します。 沖縄県の有効求人倍率の推移 沖縄県の有効求人倍率の推移と直近の状況を紹介します。沖縄労働局の発表によると、2023年度の沖縄県内の有効求人倍率は前年度比0.13ポイント増の1.17倍でした。観光客の増加

熊本企業

2024.05.23

TSMCの合弁会社「Japan Advanced Semiconductor Manufacturing株式会社(JASM)」の求人まとめ

こんにちは。リージョナルキャリア熊本のコンサルタント、桝永です。 以前からブログでも紹介させていただいておりますが、JASM社の採用に関して多くの方にお問い合わせを頂いております。 採用が活発におこなわれているJASM社の求人一覧をまとめておりますので、ご応募を考えられている方はぜひ参考になさってく

他の記事を検索する

ページトップへ戻る