コンサルタント紹介

小澤 和明

リージョナルスタイル認定コンサルタント

担当エリア:長野、山梨

1989年、長野県松本市生まれ。松本深志高校、法政大学卒業。キッセイ薬品工業株式会社でMR、株式会社マクロミルで広告代理店営業と提案型の法人営業に6年従事。その後クラウドソーシング事業を行う上場ベンチャー、株式会社クラウドワークスにてBPOのディレクター、フリーランスエンジニアの業務委託コンサルタントなど幅広い人材活用事業に従事。コロナをきっかけに都会ではなく地方で働くことの価値に気づき、地方で働きたい人に向けた支援を志して地元松本市にUターンを決意し、2021年2月より株式会社エンリージョンにジョイン。長野県と山梨県を担当。

コンサルティング・転職支援実績

実績概要

・候補者面談数(キャリア通算) 100名~

コンサルタントより

高校までの18年間を長野県松本市で暮らし、「いつかは都会に」という、いわゆる“お上りさん”根性で東京の大学に進学、就職をしました。私と同じように地方から都市に出られる方は多いのではないでしょうか。その後、私の場合は東京で生活しながらもどこかで「このまま東京に居続けるのが正解なのか」という引っ掛かりを感じており、結婚とコロナをきっかけにUターンを決意しました。

残念ながらまだまだ地方で働くことに関する情報は圧倒的に不足しており、私自身も大きな不安のなか転職活動を行いました。そんな折に出会ったのがリージョナルキャリアでした。地方の企業情報を生の声で得られることのありがたさを感じるとともに、地方には多くの魅力的な企業があることを知ることができました。これは地方に根差し、企業と転職者にそれぞれ正面から向き合っているからこそ提供できる大きな価値です。「暮らしたいところで思い切り働ける社会を作る」というリージョナルキャリアのビジョンは、転職者にとって大きな希望であると実感しています。

UIターン転職は単なる転職ではなく、生き方さえも大きく変わる大きな決断となります。そのためにはもちろん情報も必要ですが、一番大切なのは「自分自身がどうなりたいか」です。これからどんな生活をして、どんなことで幸せを感じたいのか。そこまで理解させていただくことで初めて、私たちも思い切り働ける企業のご紹介ができるのです。私は移住後の人生を一緒に考え抜いていくパートナーでありたいと思っています。

ライフワーク

学生時代はサッカー、就職後はゴルフやキャンプ、登山などアウトドア全般が大好きです。また一人暮らし時代から食費を浮かせるためにずっと自炊をしており、毎晩夕飯を作っている料理男子(?)です。休日は長野県には海がないため新潟に魚を仕入れに行くことも。最近のマイブームは酒粕です。アウトドア好き、料理好きの方は、ぜひいろいろ教えてください。

コンサルタント一覧

関連情報

現在コンテンツを準備しております。
今しばらくお待ちくださいませ。

ページトップへ戻る