地域情報ブログ

北海道企業2023.11.27

ラピダス建設予定地の「今」-千歳美々ワールド視察その3

こんにちは。リージョナルキャリア北海道のコンサルタント、福澤です。

前々回(6月上旬)、前回(8月中旬)に引き続き、11月上旬の日曜日にRapidus(ラピダス)新工場「IIM-1」の工事現場に行ってきましたので、レポートします。

Rapidus(ラピダス)新工場「IIM-1」の工事現場へ

現地には車で向かいます。前回は夏に訪問したため、木が青々としていましたがすっかり秋になりました。

画像1.jpg

道の途中に「IIM 工事関係車両」の看板を発見。工事が進んでいることを感じます。

画像2.jpg

工場の建設地に到着しました。久しぶりの現場に胸も高まります。

画像3.jpg

まず最初に目を引いたのは、このモニター画面(赤丸部分)。

画像4.jpg
画像5.png
画像6.png

ここでは、今回の設計・施工を担当している鹿島建設のPR動画のあとに建設現場でよく見る工事計画の画面が表示されていました。

現在は『造成・外構、杭打設、基礎躯体工事』真っただ中ということですね。現在、まさに基礎工事中ということで、このようにクレーンも多く見えました。

画像7.jpg

さて、今後の工事計画などについて調べてみました。

北海道庁HP内の『北海道における次世代半導体プロジェクト説明会及び工事計画等説明会について』の開示資料に、このようなものがありました。

画像8.png
画像9.png

(2枚ともに画像引用:北海道庁HP「北海道における次世代半導体プロジェクト説明会及び工事計画等説明会について」 ※最終閲覧日:2023年11月27日)

この資料によると、まさに2023年11月は基礎工事ということで、予定通り進行中ということですね。

IIM(イーム)とは

ここで「IIM(イーム)」という聞きなれない言葉の由来についてですが、今年5月に千歳市で開催された『北海道における次世代半導体プロジェクト説明会及び工事計画等説明会概要』の中で、Rapidus社の小池社長からこのような説明がありました。

もの作りもグリーン化していく必要があると思っています。グリーンファブの要件といたしましては、再生可能エネルギーによるゼロカーボン化であるとか、あるいは完全自動操業による光のない工場です。さらに大切なのは究極のリサイクリングを行っていく、廃棄物を極力出さないような技術を推進していくことを考えております。それで今日私どもはこの名前を変えて、ファブではなくなるIIM(イーム)新しいイノベーションの場所というふうに呼びたいと思います。Innovative Integration for Manufacturing(イノベーティブ・インテグレーション・フォー・マニュファクチャリング)の頭文字です。新しいイノベーションを起こすもの作りの場所だというふうに考えてください。こちらがIIM1、第1工場です。うまく展開できた場合には、このIIM2を展開する予定です。これは実に美しいです。これは夢ではありません。現実に作ろうと思っております。

※引用:Rapidus HP「北海道における次世代半導体プロジェクト説明会及び工事計画等説明会概要」(最終閲覧日:2023年8月31日)

「グリーンファブ」とは環境配慮型工場とのことです。私も初めてグリーンファブ・IIMのパースを目にした時、その独特な美しさに魅了されてしまいました。

そして今回、そのIIMの模型を目にする貴重な機会に恵まれました!それは、年一回、アクセス札幌で開催される北海道最大級のビジネスイベント・北海道科学・ビジネス交流会『北海道ビジネスEXPO』(今年は11月9日と10日に開催)のRapidus社の出展ブースにありました。

それがこちらです!

画像10.png

模型で見ても美しい・・・。パースからでは確認できないIIMの姿(例えばこの角度)を確認でき、とても満足でした!

画像11.jpg

ちなみに同社のブースには多くの方が訪問しており、その関心の高さがうかがえました。

最後に

IIM建設の今後についての最新情報をお伝えします。

同社によると、2027年1~3月の量産化に向けて、早ければ4月にも半導体製造を開始するとのこと。2025年1~3月に工場を完成させて製造のための設備を搬入し、4~6月に試作ラインを稼働させる見通しとのことでした。

以上、今回の現場レポートでした。次回は、冬の現場レポートをお伝えできればと思います。お楽しみに!


▼北海道専任のコンサルタントへのキャリア相談はこちら

個別キャリア相談会 開催一覧

▼北海道の公開求人はこちら

北海道求人 一覧

バックナンバー

福岡企業

2024.03.01

「年収が高い上場企業」ランキング2023-福岡本社企業の平均年収は590.3万円。1,000万円超も2社ランクイン

リージョナルキャリア福岡のコンサルタント、原田です。 先日ダイヤモンド社より、九州・沖縄地方における「年収が高い会社ランキング2023」が発表されました。 上場企業の有価証券報告書に記載された平均年収のデータを使って、「九州・沖縄地方で年収が高い会社ランキング2023最新版」を作成した。福岡、佐賀、

徳島企業

2024.03.01

"奇跡の村"を創る「KITO DESIGN HOLDINGS株式会社」の求人特集

リージョナルキャリア徳島のコンサルタント、吉津です。 今回は、徳島県那賀郡にある人口1,000人程度の限界集落「木頭」で地方創生に取り組む「KITO DESIGN HOLDINGS株式会社」を紹介します。 (画像出典:KITO DESIGN HOLDINGS株式会社公式HP) 地域活性化と観光産業

香川企業

2024.03.01

独自の経営哲学と多角化戦略で発展を続ける「株式会社総合開発」の求人特集

今日は、香川県観音寺市に本拠地を構える「株式会社総合開発」を紹介します。 (画像出典:株式会社総合開発公式HP) 多角的事業展開と持続可能な社会への貢献 株式会社総合開発は、「コンクリート事業部」「建設事業部」「環境事業部」「リネンサプライ事業部」「冷蔵事業部」「セメント事業部」「不動産・エネルギ

栃木企業

2024.03.01

【企業紹介】栃木本社ロボットSIer 新エフエイコム株式会社

こんにちは。リージョナルキャリア栃木のコンサルタント、高山です。 今日は小山市にある「ロボットSIer」を紹介します。「ロボット」と聞くと、子供のころに見ていたアニメを思い出してわくわくしませんか? 近未来のように感じていた言葉ですが、最近はずいぶんと身近な存在になりました。 例えば、ものづくり

宮城企業

2024.03.01

【企業紹介】東北地域の食料品商社 国分東北株式会社

こんにちは。リージョナルキャリア宮城のコンサルタント、菅原です。 今日は東北の地域の食料品商社である「国分東北株式会社」を紹介します。同社はより良いものを適正な価格で地域の生活者に届ける役を担う東北地域の食料品商社です。 同社の歴史を辿ると、なんと江戸時代からはじまります。今回は、国分グループ・国

他の記事を検索する

ページトップへ戻る