地域情報ブログ

宮城グルメ2023.07.06

ラベルだけでも楽しい!宮城のクラフトビール

こんにちは。リージョナルキャリア宮城のコンサルタント、菅原です。


雨が降ったり急に晴れたり、目まぐるしく天気が変わっていく時期になってきましたね。この時期ならではのことなので、焦らず慌てずに季節の移ろいを楽しみたいと思う反面、「洗濯物が乾かない...」という困った現実をのみ込めておりません笑。

余裕のある心持で常にいられるようになりたいものです。


さて、今回は宮城県のクラフトビールの情報をお届けできたらと思います。

以前お届けした「日本酒だけじゃない。注目を集める宮城のワイナリー」の類似企画として読んでいただければ幸いです。

※改めてですが、筆者はお酒好きですが、細かな違いはわからないタイプなのでご容赦ください!

※また、「ビール」と「発泡酒」では税法上明確に区別がなされており、製造免許が別々とのことです。本記事は厳密に区別しませんので「宮城でこんなの増えてきているんだなぁ」という感じの温度感でお読みいただけると幸いです。



そもそもクラフトビールって?

調べてみると以下の定義であることがわかりました。

1994年4月に行われた酒税法改正で、ビールの年間最低製造数量がそれまでの2000キロリットル(大びん換算で約316万本)から60キロリットル(同 約9万5千本)に大きく引き下げられました。それまで、日本のビール製造は酒税法という法律で、相当な量(年間2000キロリットル以上)を生産・販売することができる大手メーカーにしか事実上認められていませんでしたが、この法改正により、小規模な事業者もビールを製造することが可能になったわけです。 この規制緩和により、全国各地に少量生産の、いわゆる「地ビール」が続々と誕生しました。 この酒税法改正後に誕生し、個性あふれるビールを少量生産するメーカーのビールを「クラフトビール」(地ビール)と言います。
※引用:全国地ビール醸造者協議会 公式サイト (最終閲覧日:2023年7月6日)


とのことです。法律改正により、少量でも作れることになったため続々と増えていった、ということのようですね。

次の項でも触れますが、宮城県内でもここ近年続々とブルワリーが増えている印象です。



宮城県のクラフトビールは意外に多い

調べてみたらものすごい数が出てきました。


宮城マイクロブルワリー https://miyagimicrobrewery.wixsite.com/home?fbclid=IwAR3iLu35fbSK_hsuIbMmvFQ6d1tNZ06Keo5LsEEATwh-3mqlZQxa9C7JIOg

BLACK TIDE BREWING https://blacktidebrewing.com/

やくらいビール https://kami-tabi.com/facility/851/

Argon Brewing https://argonbrewing.jimdosite.com/

穀町ビール https://graintownbrewery.com/

塩竈ビール https://abezen.co.jp/products_category/sake/

仙南クラフトビール http://www.ja-miyagisennan.jp/einou/1417.html

巻風エール https://ishinomaki-farm.com/project/detail/4167

鳴子温泉ブルワリー http://new.onikoube.com/fukiage/alcohol/

ForestBrewing https://forestbrewing.jp/


などなど。上記はほんの一部です。(上記すべて最終閲覧日:2023年7月6日)

「東北」で範囲を拡大して検索すると上記の倍以上の数が出てくる結果となっており、私が知らないだけで非常に活況を呈しているということがわかりました。


今回の記事を作成するにあたり、各社のHPやビールの画像を見ていたのですが「各社のラベル、めちゃくちゃかっこいい...!」と心を打たれております。思わずジャケット買いしてしまいそうなレベルで作り込まれています。


画像1.png

※画像引用:BLACK TIDE BREWING 公式サイト(最終閲覧日:2023年7月6日)


上記のように海外のCDジャケットを想起させる装いのものもあれば


画像2.png

※画像引用:オニコウベスキー場サイト|鳴子温泉ブルワリー(最終閲覧日:2023年7月6日)


上記のように遊び心満載なものも(こけし!)。

各ブルワリーごとに色が出ており、見ているだけでも楽しいです。



異業種からの参入も多い様子

クラフトビール飲みを手掛けている企業もありましたが、異業種から参入して醸造事業を行っている企業も複数社見受けられました。


食品メーカーが新たな事業の一つとして参入することはもちろん、印刷会社が新規事業の一つとして取り組まれている事例もあり、色々な方から注目を浴びていることがわかります。



コンセプトが異なり、各社"色"がある

以前の記事「日本酒だけじゃない。注目を集める宮城のワイナリー」でも書きましたが、各社醸造所を開設するまでのストーリーや思いが色濃く、それを読むだけでも心を打つものがあります。


仙台市内の販売所でも購買が可能な様なので、気になったお酒を買わせていただくことはもちろん、機会があれば醸造所にも足を運んで、各社の"色"を実際に見に行きたいと思います!



▼宮城専任のコンサルタントへのキャリア相談はこちら

個別キャリア相談会 開催一覧



▼宮城の公開求人はこちら

宮城求人 一覧



この記事を書いた人

チーフコンサルタント 
菅原 大

バックナンバー

福岡企業

2024.03.01

「年収が高い上場企業」ランキング2023-福岡本社企業の平均年収は590.3万円。1,000万円超も2社ランクイン

リージョナルキャリア福岡のコンサルタント、原田です。 先日ダイヤモンド社より、九州・沖縄地方における「年収が高い会社ランキング2023」が発表されました。 上場企業の有価証券報告書に記載された平均年収のデータを使って、「九州・沖縄地方で年収が高い会社ランキング2023最新版」を作成した。福岡、佐賀、

徳島企業

2024.03.01

"奇跡の村"を創る「KITO DESIGN HOLDINGS株式会社」の求人特集

リージョナルキャリア徳島のコンサルタント、吉津です。 今回は、徳島県那賀郡にある人口1,000人程度の限界集落「木頭」で地方創生に取り組む「KITO DESIGN HOLDINGS株式会社」を紹介します。 (画像出典:KITO DESIGN HOLDINGS株式会社公式HP) 地域活性化と観光産業

香川企業

2024.03.01

独自の経営哲学と多角化戦略で発展を続ける「株式会社総合開発」の求人特集

今日は、香川県観音寺市に本拠地を構える「株式会社総合開発」を紹介します。 (画像出典:株式会社総合開発公式HP) 多角的事業展開と持続可能な社会への貢献 株式会社総合開発は、「コンクリート事業部」「建設事業部」「環境事業部」「リネンサプライ事業部」「冷蔵事業部」「セメント事業部」「不動産・エネルギ

栃木企業

2024.03.01

【企業紹介】栃木本社ロボットSIer 新エフエイコム株式会社

こんにちは。リージョナルキャリア栃木のコンサルタント、高山です。 今日は小山市にある「ロボットSIer」を紹介します。「ロボット」と聞くと、子供のころに見ていたアニメを思い出してわくわくしませんか? 近未来のように感じていた言葉ですが、最近はずいぶんと身近な存在になりました。 例えば、ものづくり

宮城企業

2024.03.01

【企業紹介】東北地域の食料品商社 国分東北株式会社

こんにちは。リージョナルキャリア宮城のコンサルタント、菅原です。 今日は東北の地域の食料品商社である「国分東北株式会社」を紹介します。同社はより良いものを適正な価格で地域の生活者に届ける役を担う東北地域の食料品商社です。 同社の歴史を辿ると、なんと江戸時代からはじまります。今回は、国分グループ・国

他の記事を検索する

ページトップへ戻る