リージョナルHERO

転職成功者インタビュー

リージョナルキャリアで転職した
方々に体験談をお聞きしました。

公務員から民間企業へ。転職で時間にゆとりが生まれ、将来の可能性も拓けた。

富士フイルムエレクトロニクスマテリアルズ株式会社
本田彩加さん(仮名・品質管理) 29歳

転職回数
0回
転職期間
エントリーから内定まで150日間

国家公務員として都内で勤務していた本田さんは、29歳のときに静岡にある化学メーカーの品質管理職に転身した。きっかけは静岡県内で勤めるパートナーとの結婚。結婚後も仕事を続けたいと考えていた本田さんは、静岡県内から東京まで毎日新幹線で通勤する生活を始めたものの、片道で1時間40分かかることに加え、新幹線の定期代の半分が自己負担。「この働き方を続けていけるのだろうか?」と自問自答した結果、静岡県内への転職を決断した。転職後はプライベートの時間も夫婦の会話も増加。生活の基盤が固まり、「将来設計ができるようになりました」と喜ぶ本田さんの体験談を紹介する。(※本記事の内容は、2020年9月取材時点の情報に基づき構成しています)

転職前

業種
行政機関
職種
国家公務員
業務内容
法改正や関連事案の調査等

転職後

業種
半導体向け素材メーカー
職種
品質管理
業務内容
各工程の品質チェック、出荷直前の製品チェック

静岡から東京まで新幹線で通勤する日々に疲れ、転職を決意。

現在のお仕事はどんな内容ですか?

富士フイルムエレクトロニクスマテリアルズ株式会社の静岡工場で品質管理を担当しています。当社の主力製品は、半導体の製造に欠かせないレジスト(感光性ポリマー製品)と、デジカメやスマホに搭載されるイメージセンサー用のカラー材料。私はイメージセンサー用カラー材料の品質管理を担当するグループに所属しており、原料から製品に至るまでの各工程において、化学的な特性を検査する仕事をしています。

入社前のご経歴を教えてください。

九州の高校から大阪の大学・大学院へ進み、国家公務員として行政機関へ就職。行政機関では、法律の改正や関連事案の調査などに携わっていました。東京で2年働いた後、名古屋の関連機関へ2年出向。それからまた東京へ戻り、1年程経った頃に、現職に転職しました。

転職したきっかけは?

静岡県在住の夫と結婚したことです。大学生の時に付き合い始め、その後に私は東京、彼は静岡へ就職することになりました。お互いに働いてみないと今後のことは決められないと思い、そのまま交際を続けていたのですが、私が名古屋で勤務していたときに結婚しました。するとその直後に私が東京へ異動となり、それでも私は仕事を続けたいと思っていましたので、彼と話し合って二人の職場の間をとって三島市に住んで、新幹線で東京に通うことにしました。しかしながら、通勤時間は片道で1時間40分、定期代は月に10万円ほどでその内の半分が自己負担でした。残業で終電を逃してしまい、家に帰れないこともありました。そのうちに、「将来自分はどのように生きていきたいのだろう?この生活を一生続けていくのだろうか?」と考えるようになりまして。また、この仕事を続ける以上、この先も異動、転勤は避けられない。そう考えていくと、この仕事をずっと続けていくのは難しいという結論に至り、私の方が転職することにしたんです。

転職活動はどのように進めましたか?

まず転職市場の概要を知るために大手の転職サイトに登録しました。また、自分と同じように公務員から民間会社へ転職した先輩に直接話を聞いたりもしました。すると、「先に仕事を辞めると、転職活動に時間がかかった場合、収入面が苦しくなるよ」とアドバイスを受けたので、仕事を続けながら転職先を探すことにしました。でも実際はかなり大変でしたね。大手の転職サイトからは紹介メールがたくさん来ていたのですが、当然ながらどれも職場とは真逆の静岡に面接に行かないといけない案件ばかり。仕事が忙しく、休みもとれない状態だったので、応募先も本当に行きたいと思う会社だけに厳選しなければなりませんでした。そんな時、夫からリージョナルキャリア静岡が地元企業への転職に強いと聞いて、エントリーしてみました。するとすぐに電話で面談してくれて、3社ほど紹介してもらえ、そのなかに今の会社があったんです。

リージョナルキャリア静岡のサポートはなにが違っていたのでしょう?

大手の転職サイトは対応が機械的に感じられました。メインの担当者はいるのですが、サポートするアシスタントが何人かいるようで、日々のメールはその人たちから送られてきていました。やりとりは最初の打ち合わせ以外は全てメールだけでしたし、紹介された求人に応募したのに音沙汰がなく、受かっているのか落ちているのか、わからないまま放置されていたこともありました。一方、リージョナルキャリア静岡の伊藤さんはこまめに連絡をくれましたし、面接の前にも心構えなどをアドバイスしてくれました。なにより、メールだけでなく、電話で頻繁にやりとりできたのがよかったですね。直接話せるので意思疎通がとてもはかりやすかったです。

どのような職種を希望していたのですか?

公務員の場合、それまでのキャリアを活かせる仕事はなかなかないんです。私の知り合いには公務員から民間へ転職した先輩が2人いますが、1人は数字の強さを活かして税理士事務所へ、もう1人は語学力を活かして自動車メーカーへ転職していました。転職するには自分の強みを活かすしかありません。「私にできることってなんだろう?」と考えて思いついたのが、大学で学んでいた化学の知識だったんです。ですから、化学の知識を活かせる仕事を希望していました。

今の会社に決めたポイントは?

大きな会社が親会社なので安定感もありますし、半導体業界についても可能性を感じました。世界中で競い合っている業界なので、求められる品質や基準も非常に高いんです。だからこそ、そういった世界で勉強し、切磋琢磨しながら自分の力を磨いていきたいと考えました。

夫のために夕食を作り、二人で食べる。転職で当たり前の幸せを実現。

転職していかがですか?

公務員時代は残業が多く、月平均80時間、多いときには100時間を超えることも珍しくありませんでした。それが転職してからは、多くても月20時間ほど。有給休暇も取得しやすくなりました。業務については、まず社内で業務を行うための資格を取る勉強から取り組みました。品質検査をするにも、ゴミを廃棄するにも、何をするにも社内の資格が必要なんです。入社して1カ月で最初の資格を取得できましたが、今も引き続き資格の勉強を続けながら、できる仕事の幅を広げているところです。様々な製品の品質を各項目ごとに一つひとつチェックしていくので大変なこともありますが、「静岡で働ければありがたい」という気持ちで転職したので、とにかく仕事ができる喜びを感じています。

生活面の変化はありましたか?

夫の会社と私の会社の中間ということで、現在は焼津市に住んでいます。私の会社までは車で30分ちょっとで、東京に通っていたことを考えると、すごく楽になりましたね。しかも、帰宅時間もすごく早くなりました。前は22時くらいまで残業すると新幹線の終電に間に合わず、友達の家に泊めてもらうこともあったんです。でも今は遅くても19時には帰宅できるので、会社帰りに買い物をして、晩御飯を作り、夫と一緒に食べられるようになりました。休日も計画的に取れるようになりました。以前は日曜日や夜にいきなり呼び出されることもあったのですが、今はそういうことはありません。仕事を頑張るときは頑張り、休むときは休む、メリハリのある生活が送れています。

困ったことや課題はありますか?

今まで住んだことのない街に引っ越してきて知り合いもいないので、コミュニケーションの相手が夫しかいないのが少し寂しいですが、これから土日の楽しみをどう見つけていこうか考えているところです。

転職してよかったと思うことは?

生活の基盤ができ、プライベートの時間もしっかりとれるようになったので、家の購入や子供のことなど、将来設計を考えられるようになったことだと思います。以前は夫も通勤時間が長く、お互い疲れ切っていたので、そういったことを考える余裕もありませんでしたから。今回の引越しで夫の通勤時間も短くなり、帰りも早くなったので夫婦の会話も増えました。これから二人で焼津の生活をのんびり楽しんでいきたいと思っています。

転職を考えている人にアドバイスをお願いします。

私の周りにも転職しようかどうか悩んで、結局何も行動しないという人が多いんです。でも、悩んでいるのだったら、活動の準備だけはやったほうがいいと私は思います。転職活動を進めるためには、履歴書や経歴書を作る必要がありますが、働いていると、そういう時間がなかなかとれません。だからいざチャンスが来て、動き出そうと思ったときに、慌てて準備しないといけなくなります。でも事前に準備をしておくと、今まで自分が何をしてきたのか、何ができるのか、といったことも整理できます。その結果、「やっぱり今の仕事がいい」と判断することもできますよね。私の場合、新幹線通勤を始めた頃から少しずつ準備を進めていました。コンサルタントの伊藤さんからも、「転職を考えるのなら、どの時期に何をやっておくか、整理しておくと良い」というアドバイスをもらっていたので、この話があった時にすぐに応募ができたんです。もし、動き出すのがもう少し遅れていたら、コロナの影響で募集の話もなかったかもしれません。そう考えると、伊藤さんのアドバイスのおかげで今があると、本当に感謝しています。いい出会いは、いつあるかわかりません。だからこそ早めに相談し、いつでも転職活動できるよう、準備しておくことをおすすめしたいです。

担当コンサルタントから

株式会社リンク・アンビション 
伊藤 雅隆

本田さんは静岡から東京まで通勤されており、平日は大変忙しいご様子でしたので土曜日に面談をさせて頂いたと記憶しています。その後、面接対策等で電話打ち合わせを行いましたが、印象深かったのは大変謙虚、かつ素直に意見を聞ける方だったことです。応募先に対して十分な企業研究、自己分析を行い、「自身の強み」と「企業が求めている人材」の重なる部分を見つけアピールできたことが内定に繋がったと感じています。ご入社後、お電話差し上げた際に「心配していた車通勤にも慣れ、公私ともに充実している」とお聞きできて大変嬉しく思っております。

転職成功者インタビュー一覧

ページトップへ戻る