コンサルタント紹介

伊藤 雅隆

リージョナルスタイル認定チーフコンサルタント

担当エリア:静岡

1975年、静岡県生まれ。大学卒業後、東証一部上場企業入社。メディカル領域の営業職に従事。
開設営業所で医療機関、調剤薬局の新規開拓営業を行う。在籍中に薬剤師紹介事業にも関わる。
2014年、株式会社リンク・アンビション入社。企業、候補者両面を担当。2016年以降は静岡拠点マネージャー。

保有資格

国家資格キャリアコンサルタント

コンサルティング・転職支援実績

実績概要

・候補者面談数(キャリア通算) 1100名~

実績詳細

年齢 企業/ポジション 入社時年収
55歳 OEMメーカー/海外営業部長 900万円
32歳 化学メーカー/経理財務 600万円
38歳 外資系ロボットメーカー/調達 700万円
44歳 広告系/WEBディレクター 550万円
28歳 化学メーカー/製品分析 450万円

※掲載可能なものだけを選んでいます

コンサルタントより

転職を考えるきっかけは人それぞれですが、今活動されている、これから活動を始めようとしている、そんな方は勇気のある方だと思います。私自身も経験がありますが、転職活動は不安で孤独です。そんな時に、皆さんと一緒に考え進んでいきたいと思います。仕事を選ぶうえで本当に大切にしている価値観は一人ひとり違います。その価値観に合う静岡の企業をご紹介させて頂きます。

現代は、求人情報や企業情報など、驚くほど簡単に多くの情報を得られます。しかし、もしその情報が間違っていたら?自らチャンスを逃してしまっているかもしれません。私たちは経営者から採用に懸ける思いを直接伺っていますので、正確な情報をお伝えすることができます。

転職を迷われている方、そんな場合も是非ご相談ください。「思い切って」と背中を押すこともありますが、面談をさせて頂く中で、「転職しないほうが良いのでは?」と感じることもあります。そんな時はコンサルタントとして正直にお伝えしています。最後に決めるのはご本人ですが、最も良い意思決定ができるためのアドバイスもさせて頂きたいと考えています。

一方で優秀な人材を採用したいと考えている企業開拓も積極的に行います。企業側の採用に懸ける思いを、経営者に変わって転職希望の方にお伝えできればと考えています。
優秀な人材と、優良企業のベストマッチングのその先で、人も、企業も、そして静岡の街全体を元気にしたいと考えています。

ライフワーク

大学卒業まで体育会サッカー部に所属。飽きやすい性格ですが、良い指導者に恵まれ、サッカーだけは長続きしています。今でも休日は地域のサッカークラブで小学生のコーチを行っています。指導に関わり15年目、初めて教え子がJ1クラブに入団しました。家族とは近場の神社仏閣巡りによく行きます。お金を使わず小旅行気分が味わえてお勧め。猫好きで2匹の猫(キジトラ&茶トラ)に毎日癒されています。

コンサルタント一覧

関連情報

転職成功者インタビュー

ブログ

静岡その他

2021.01.20

キャリアについて考える編 ② <静岡の転職コラム Vol.039>

前回のコラムでは「キャリアという言葉」について書いてみました。(前回コラム:キャリアについて考える編 ①)今回は続編、「キャリア形成」についてお伝えできればと思います。 キャリア形成の際に是非参考にしていただきたいことのひとつに、 キャリア理論の一部である「キャリア・アンカー」という概念があります。 将来について考えた時、何がしたいのかわからない、どうなりたいのかわからない、こんな状態のときに是非参考にして頂ければと思います。   1、キャリア・アンカーとは             「アンカー」:直訳すると船の錨(いかり)という意味になります。 錨の使用目的は、船をつなぎとめ安定させることが目的です。キャリア・アンカーも同じくキャリアを安定させることが目的で、個人の価値基準、自己概念というような意味になります。 仕事をする上で専門性を追求する事を重視する方もいれば、常にチャレンジしている状態でいたい方、奉仕・社会貢献を大切にされる方、仕事とプライベートのバランスを大切にされる方など、人それぞれのキャリア・アンカーがあると言えます。 ただ、これは常に変化するものでもありますので、今現在と数年後では大きく変わっている可能性もあるでしょう。     2、どうしたらキャリア・アンカーがわかるのか    方法の一つを紹介します。 有効なのは次の3つについて自問自答してみてください。  ① 才能と能力について「何が得意なのか」② 動機と欲求について「何がやりたいのか」③ 意味と価値について「何をやっている時が充実しているのか」  どうですか?改めて考えてみるとすぐに答えが出てこないのではないでしょうか。普段考える機会も無いので意外と難しいものです。これらが自分の仕事と直接結びつかないこともありますが、無理に結びつける必要も無いでしょう。あくまでも自分のイメージとして捉えておけば、自分のキャリア・アンカーとは異なるキャリアを進んでいるようで、どこかで一致する場面が来ることがあります。      このようなテーマで身近な人と話してみても面白いかもしれません。他者に話すことで自分の考えに気づき、自身の将来について考えるきっかけになると思います。もちろん私たちキャリアコンサルタントにもご相談ください。第三者の視点で客観的に捉え直すことで、新しい可能性に気付くかもしれません。 ━━━━━━━━━━━━━━━━≪キャリアについてご相談したい方≫    ※ 無料個別相談 ※━━━━━━━━━━━━━━━━■ 今すぐではなく、中長期でキャリアや転職について考えたい方はコチラ■ 具体的に転職について相談をしたい方はコチラ

静岡その他

2020.11.11

キャリアについて考える編① <静岡の転職コラム Vol.032>

こんにちは。コンサルタントの伊藤です。 これからの記事では、「キャリアについて考える編」と題しまして、キャリア構築やキャリアビジョンについてなど皆さまと「キャリア」について考える時間を過ごせるコラムをお送りしたいと思います。「キャリア」という言葉。普段何気なく使っていますが、キャリアという言葉の捉え方は人によって様々です。昇進、昇格と捉える人もいれば、単純に職歴と捉える人もいると思います。今回はまず、「キャリア」という言葉の概念について少しだけ整理してみようと思いますので気軽にお読みください。    ❚ 1 語源 米国のリー・J・リッチモンド教授(カウンセリング学会元会長)によると、英語の「career」はもともと"小道、通り、道"を意味していたそうです。そのうちに"何かを追求する道筋、天職を探し求める旅路"を意味するようになったとの事です。最近では「人の果たす役割」「仕事と余暇」などと定義されることもあるようですが、解りやすく言うと「生涯にわたる職業選択に関わる活動・態度」と捉えられる事が多いようです。      ❚ 2 キャリアは上がる?下がる? 「キャリアアップ」「キャリアダウン」という言葉を耳にしたことがあると思います。何を持って「アップ」「ダウン」とするかは人それぞれですが、給与が上がる、役職が上がる時などはキャリアアップ出来たと捉える事が多いと思います。逆に、減俸、降格した時はキャリアダウンと感じるのではないでしょうか。  キャリアについて学んでみると、「アップ」も「ダウン」も無く、「発達」すると考えられていました。仕事をしていく中で、技術の習得・知識が蓄積されることで、組織内での役割が変わり、責任も増えていくわけです。一方で家庭や地域活動への参加機会も増えてくるため、職業に対する考え方にも変化が出てきます。この様な考え方、価値観の変化を「発達」と表現しています。 私自身も振り返ってみれば、20代の頃と40代半ばになった今とでは仕事に対する考え方は変化してきたように思います。結婚して、父親になり、転職を経験して今に至りますが、その時々で役割も変わり、周囲の人の支えや影響を受けて今現在があります。 そう考えると、「キャリア」とは上げたり、下げたりというよりは、自分自身で磨いていくものなのではと思いました。      2020年は新型コロナウイルスの世界的流行により、私たちの生活スタイルが大きく変わった1年でした。仕事ももちろんですが、暮らす場所について考える方も、今後は今まで以上に増えてくる気がします。静岡でキャリアについて考えたい方は是非ご相談にお越し下さい。お待ちしております。

静岡その他

2020.10.02

静岡での暮らし方【子育て環境編】 <静岡の転職コラム Vol.026>

キャリアコンサルタントの伊藤です。今回は静岡での暮らし方【子育て環境編】について書いてみます。我が家には中学生の長男が一人おります。これまでの子育てを少し振り返り、静岡での子育て環境についてお伝えできればと思います。         ❚ 1 教育面 静岡県内でも地域によって異なると思いますが、私が住む地域では十分な教育を受けられていると感じております。小学校の雰囲気も良く、放課後の学童クラブなど共働きでも安心して学校に通わせることが出来ました。職業体験や、農業経験など様々な経験を積むことが出来るカリキュラムのように思います。自然が多く、のんびりした雰囲気の中で、子供たちは伸び伸び、すくすく成長している様に感じます。そんな中でも、全国学力テスト(中学校)の都道府県別平均正答率の上位ランキングを見ると国語・数学・英語とも静岡県は上位に入っており、教育にも力を入れている地域であることがおわかりいただけるかと思います。       ❚2 習い事 お子様がいるご家庭では、何かしら習い事をさせているのではないでしょうか。  小学校低学年から学習塾に通わせるほど教育熱心なご家庭は私の近所では少ない印象ですが、大手学習塾も多数教室を展開しております。例えば、全国に270校舎を展開する東証一部上場企業の株式会社秀英予備校(静岡市)や、通信教育Z会で有名な株式会社増進会ホールディングス(三島市)も静岡県に本社があります。    スポーツでは、静岡はサッカーが有名ですが、息子も小学校からサッカースクールに入会しており、中学生になった今もサッカー部に所属し、仲間と汗を流す日々です。プロ野球球団こそありませんが、プロサッカークラブは県内に4クラブもありますので、本物を見る事が出来る恵まれた環境です。清水エスパルス、藤枝MYFC(中部エリア)や、ジュビロ磐田(西部エリア)、アスルクラロ(東部エリア)などのクラブチームに小学生から入ってサッカーを習っている子も少なくありません。      弊社株式会社リンク・アンビションでは 静岡がスポーツの力でさらに活力に満ちあふれるように静岡県藤枝市、島田市、焼津市、牧之原市、吉田町、川根本町をホームタウンとする、 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)加盟サッカークラブ「藤枝MYFC」https://myfc.co.jp/を株主として支援させていただいております。また、静岡県静岡市を本拠地とする男子プロバスケットボールチーム 「ベルテックス静岡」https://veltex.co.jp/ とオフィシャルクラブパートナー契約を締結し、2020-2021シーズンから支援させていただくことなっています。ベルテックス静岡でも、年少~小中学生対象に現役Bリーガーをバスケコーチとし、現役チアリーダーをチアコーチとしたスポーツアカデミーを開催しております。https://velsa.jp/     それ以外にも静岡県には野球の少年団、バレーボール、スイミング、テニス、音楽教室など多数あります。市が運営しているスポーツ教室は様々な種目があり、お手頃な会費で参加する事が出来ますので、子供の興味分野がどこにあるかを知る上でも色々挑戦させることが出来て良かったと感じています。         地方で暮らす際、子育て環境はとても重要な確認ポイントだと思います。高いレベルの教育を受けさせたいという方や、自然に囲まれて伸び伸び子供を育てたいなど、子育てに対する考え方は様々です。静岡県は海や山に囲まれ、様々な自然体験をさせてあげることができ、教育環境も整っている子育てしやすい魅力的な土地です。     面談時にこの様なお話になる事もあります。実体験も交えてお話が出来ますので、仕事以外の静岡暮らしについてもご遠慮なくご質問ください。       ------★静岡へのU・Iターンを検討される方はこちらをチェック リージョナルキャリア静岡 https://rs-shizuoka.net/ ★静岡へのU・Iターン転職・キャリア相談会(無料) https://rs-shizuoka.net/career/

一覧を見る

ページトップへ戻る