リージョナルHERO

転職成功者インタビュー

リージョナルキャリアで転職した
方々に体験談をお聞きしました。

「地方にはない」と言われた仕事とめぐりあい、転職に成功。念願の結婚も秒読みへ。

ドリームベッド株式会社
山本雅人さん(仮名・貿易担当) 28歳

転職回数
0回
転職期間
エントリーから内定まで90日間

大学を卒業後、オーストラリアでワーキングホリデーを経験した山本さん。25歳で帰国した後、東京で就職し、外国人客専門の観光案内業で働いていた。得意の英語力を活かした仕事は刺激に満ちていたが、その一方でいつも頭のかたすみにあったのは、広島にいる彼女のこと。結婚するために東京へ呼ぶことも考えたが、彼女は公務員。思い悩んだ末に出した答えは、「自分が広島へ行こう」。希望職種は、自分の強みである英語力が活かせる仕事。しかし広島ではなかなか見つからない。探し始めて約1年。あきらめかけたとき、待望の情報が舞い込んだ。紹介してくれたのは、ついこの間まで名前も知らなかった、地方専門の転職コンサルタントだった。(※本記事の内容は、2014年5月取材時点の情報に基づき構成しています)

転職前

業種
ハイヤー業・観光業
職種
アウトドアプランナー
業務内容
主に富裕層のVIP外国人ゲストを相手にハイヤードライバー兼通訳観光ガイドを勤めた。

転職後

業種
ベッドメーカー
職種
貿易担当スタッフ
業務内容
海外への商品発注、通関手続き、配送業者手配など輸入関連業務を担当。

全国大手から、地方専門へ。人材紹介会社を変えたら扉が開いた。

現在のお仕事はどんな内容ですか?

海外課でマットレスやベッドフレームの材料になる生地などを輸入する仕事です。仕入れ担当や企画課から発注された材料を、海外の業者に発注。通関の手続きや、配送業者の手配なども担当しています。海外とのやりとりは基本的にメールで行っていますが、すべて英語です。

入社前のご経歴を教えてください。

大学を卒業後、2年間、ワーキングホリデーでオーストラリアに行っていました。帰国したのは、25歳のとき。ワーキングホリデー経験者のための職業あっせんで、東京の小さな観光会社に就職しました。富裕層の外国人ゲストを相手に、ハイヤーを使って観光案内をする仕事をしていました。

転職のきっかけは?

ずっと遠距離恋愛している彼女が広島にいまして。結婚を考えた時、彼女は公務員でしたから、「動きやすいのは自分だな」と考え、自分が広島で転職することにしました。それと、「3・11」の影響もありました。東京はまた大きな地震がくるかもしれないと噂されていましたし、僕も彼女も島根出身。それぞれの両親の近くにいたいと思うようになったんです。

転職活動はどのように進めましたか?

ネットで求人を探しましたが、自分のような経歴や英語力を活かせる仕事は、広島ではなかなか見つかりませんでした。相談していた全国大手の人材紹介会社からは、「地方にそんな仕事はない」と言われてしまって、がっかりするやら、腹が立つやら。そこで、広島に特化した紹介会社を探し直したんです。「広島 Uターン」と検索して、真っ先に出てきたのが、リージョナルキャリア広島。すぐにエントリーしました。最初はリージョナルキャリアのコンサルタントからも「簡単ではない」と言われていたんですが、エントリーから2ヶ月ほど経った頃に、今の会社の話をいただくことができました。

今の会社に決めたポイントは?

募集の対象が「英語ができる」ということが大前提で、「仕事の経験は問わない」ということでした。育てていこうという気持ちが感じられたので、安心して飛び込むことができましたね。広島にいる親戚も知っている会社でしたし、マツダスタジアムにも広告を発見(笑)。地域に貢献しようとする姿勢にも好感を持ちました。

転職で手に入れた、お金より大事なもの。

転職していかがでしたか?

入社して数ヶ月、まだまだ覚えることだらけなので、大変です(苦笑)。新卒社員とは違って、ぬくぬくとはしていられませんから、自分からどんどん仕事を覚えているところです。でも、やりがいも感じていますよ。海外のお客様との会議にも、もう同席させてもらっています。

生活面での変化はいかがですか?

転職に成功したおかげで、結婚の話もトントン拍子で進んでいます。来年、結婚することが決まりました。正直、給料は下がりましたが、それより大事なものがあるよね、と二人で話しています。休みの日に一緒に大好きなサッカーや野球を観に行ったり、買い物に行ったり。そういう“普通”のことができるようになったことが、とても嬉しいです。生活も規則正しくなりました。東京での仕事は、土日や昼夜も関係なく働いていましたから、睡眠時間は毎日3~4時間。将来を見通す余裕もありませんでした。でも今は、決まった時間に会社に行って、決まった時間にほぼ帰れる。決まった休みもある。これからの家庭生活を考えると、転職して良かったと思いますね。体調も良くなりましたし、やっと大人になれたというか(笑)、ちゃんと仕事をして、家族を持って、1つ階段を上れたような気がします。

転職を考えている人にアドバイスをお願いします。

まずは動いてみること、でしょうか。実は僕も当初は、どうしようかなと考えてばかりでした。心のどこかで、怖がっていたんです。今の生活とか、社会的な評価とかを失ってしまうんじゃないか、と。転職回数が多いと信用されない、なんてことも聞いていましたしね。でも僕の場合は、彼女の両親から結婚の了承をもらうことができたことで、踏ん切りがつきました。仕事が見つからないまま広島へ行く覚悟もしていましたが、リージョナルキャリアのおかげで助かりました。 地方への転職を考えているのなら、地方専門のコンサルタントが頼りになりますよ。

担当コンサルタントから

株式会社ライフサイズ 
植田 将嗣

山本さんと初めてお会いした当初、まだ、すぐの転職をお考えではないということでしたので、ご紹介できる求人案件を探しながらご連絡をさせていただいていました。それから2ヶ月ほど経った頃、いよいよ広島への転職をする時期をお決めになったとのことで、時を同じくしてお預かりしていたドリームベッド社の求人案件をご紹介しました。すぐに選考を志望されるということでしたが、広島へ何度もお越しいただくのも難しい状況でしたので、企業様へは1度の帰省で選考いただけるよう、山本様には事前準備をしっかりと行なっていただくよう働きかけ、結果、双方にとって“ドンピシャのマッチング”となりました。

関連情報

ドリームベッド株式会社 求人情報

ドリームベッド株式会社 TOPインタビュー

転職成功者インタビュー一覧

ページトップへ戻る