エントリーはこちら

リージョナル LIFE:宮城

暮らしたい所の気になるハナシ 宮城

見比べてわかるそれぞれの良さ

宮城の基本情報

宮城の紹介、特徴

宮城県は、東北地方の太平洋側に位置し、夏はそれほど暑くならず、冬は降雪量が少ないことから比較的暮らしやすい気候風土と言われています。
中心都市の仙台市は17世紀に伊達正宗の城下町として開かれ当時からの伝統文化が地域に根付いています。
また、「食材王国みやぎ」を標榜し、「ササニシキ」「ひとめぼれ」をはじめとした米、「仙台牛」「カキ」「フカヒレ」「マグロ」などといった豊富な農水産物資源、加工品としては、「純米酒」「仙台味噌」「ささかまぼこ」などが全国的に知られています。
山・海の豊かな自然に恵まれており、日本三景のひとつとして有名な「松島」をはじめ「作並」「鳴子」といった県内各地の温泉など、観光資源も豊富です。
国際交流拠点としても成長を目指しており、2015年の「国連防災世界会議」開催を皮切りに世界への情報発信に力を入れていきます。

宮城の基本情報
面積 7,285.80km²
人口 2,327,993人(2014年10月1日時点)
人口密度 319.52人/km²

「すごく美味しい」を方言で言うと?:いきなりうめぇ!

「仕事」について

宮城ならではの特徴

人口約230万人のうち仙台市に104万人が集中しているため、仙台市は小売・飲食等のサービス業とそれらに付随する業態の比率が高く、80%以上の方が第3次産業に就業しています。
一方、仙台市以外の地域は第一次・第二次産業比率が高く、トヨタ自動車、東京エレクトロン、アルプス電気、ケーヒン、アイリスオーヤマといった日本を代表するメーカーの生産拠点が立地しています。
また、農業及び漁業も盛んで、関連産業も含めて成長力のある企業が多数存在しています。
一方、震災以降は建設業の需要が旺盛で関連する技術職・営業職では求人が多数存在します。
全業種に共通するのは「世代交代」「事業承継」に関わる求人ニーズです。
例えば、40代の後継者に経営をバトンタッチする際に、そのブレーンとなりうるような経理部長、工場長、営業部長といったポジションの後継者候補が求められるケースが増えており、特に都会で経験を積み力をつけた人材のUターンが歓迎されています。

  • 活発な産業

    製造業/農漁業関連産業/食品加工業

  • 注目企業

    アイリスオーヤマ(生活用品・家電等)/
    東京エレクトロン宮城(半導体製造装置)/
    北洲(住宅)/ナカリ(米集荷販売)

「住」「ライフスタイル」について

冬は寒冷になることから、高断熱、高気密の住居が多いのが特長です。
木造建築の技術で国内トップクラスと評価されている地場の企業も複数あり
住居の質は安定して高いと言えます。

支援情報(自治体の取り組み等)

自治体ごとに様々な支援施策があります。

  • 家賃・地価相場

    1LDK:7.30万円
    2LDK:8.38万円
    3LDK:10.06万円
    地価:29.11(坪/万円)

  • 通勤方法、時間

    車を中心に、地下鉄・JR・バス(30分前後)

平日と休日、長期休暇の過ごし方をご紹介!

人それぞれではありますが、ここでは例としてピックアップします。どんな1日なのでしょうか。代表的な一日をご紹介します!

平日タイムスケジュール

通勤時間が比較的短いため家族との時間や自己研鑽にあてる時間が増えます。

休日タイムスケジュール

周辺の自然環境が豊富なため車で1時間以内で行ける山や海のスポット、温泉が多数。渋滞も多くありません。

長期休暇タイムスケジュール

どこに出かけるのも都心部ほどの混雑はありません。四季折々の自然が豊富でアクティブ派は出かける場所に困りません。また、のんびり派の方にとっても実家でゆっくり過ごしたり、温泉で癒されるなど選択肢は豊富です。

お金にまつわる違い

都道府県、性、年齢階級別所定内給与額

上記は仙台市の平均数字です。あくまでも平均であり、世帯のスタイルによってかなりの違いがあります。例えば、実家の近くに住む場合は子供が小さいうちから夫婦共働きが可能となり首都圏で夫婦の一方が働くよりも高い世帯収入を得ることも可能です。

都市別家賃/月

地域や物件によってばらつきはありますが仙台市中心部でも都心と比較すると低い水準です。都心部>地下鉄沿線>JR(仙山線・仙石線・東北本線等)沿線>バスエリアの順に家賃が下がります。バスエリアであれば6万円台で2LDKのマンションや一戸建てを借りることも可能です。

月極駐車場代/月

仙台市内中心部ですと15000円以上かかりますが、地下鉄沿線駅で5000円~10000円、その他の地域であれば3000円~8000円の間で借りることができます。

飲食の料金

(ランチメニュー)仙台市内には飲食店が多くランチの選択肢は豊富です。首都圏に比べると質と価格のバランスが良く、農産漁業の盛んな県にふさわしく、おいしく新鮮なものを低価格で食べることができます。
(かけうどん)うどんよりもそばを食べる人が多いです。超低価格チェーン「半田屋」では100円台で食べることができます。また、東北には各地に美味しい麺料理があり、それらを仙台で食べることができます。近郊にはおいしいそば屋やラーメン屋さんが多数あります。

「子育て」について

支援制度

平成27年4月より「子ども・子育て支援新制度」の取り組みが宮城県でスタート。
幼稚園と保育所のいいところを一つにした「認定こども園」の普及を図り、待機児童を減らして、子育てしやすい・働きやすい社会を目指しています。
幼児期の学校教室や保育、地域の様々な子育て支援の量の拡充や質の向上が着実に進んでいるエリアです。

子育てのしやすさ

豊かな自然に恵まれた子育てのしやすい地域です。休日は海や山、動物園・水族館などお出かけスポットが多数あります。夏は各地のお祭りや花火大会など多くのイベントがあり、冬は車で30分の距離にスキー場があるなど子供と過ごす時間を充実させることのできる環境です。
日常の買い物等も大型スーパーやアウトレットモールが多数あるため、車があればまったく不便なく快適な生活が可能です。
また、市内には旧帝大の東北大学をはじめ10の大学があり、文教施設も多数あることから教育環境としても都心部に劣ることはありません。

出生率 1.37
保育園数 341(待機児童数:978人)
学校 小学校:401校
中学校:217校・3分校
高校:98校・3分校
大学:14校
病院の数 122軒

「食」について

名物、郷土料理、おいしいお店

暮らしたい所の気になるハナシはまだまだたくさん!体験談をもっと見たい方はコチラから

体験談を見る:リージョナルヒーロー

宮城に住みたい!働きたい!
と感じた方はこちらから

宮城の求人を見る

リージョナルキャリア宮城へ