リージョナルHERO

転職成功者インタビュー

リージョナルキャリアで転職した
方々に体験談をお聞きしました。

好きな仕事に専念するための転職。生活リズムも改善し、妻も大喜び。

キョーイクホールディングス株式会社
中村広隆さん(仮名・キャリアプランナー) 34歳

転職回数
0回
転職期間
エントリーから内定まで90日間

中村さんは大手学習塾に入社3年目で拠点のトップに抜擢され、様々なエリアに異動しながら、すべての拠点を好業績へと導いてきた。だがその舞台裏はハードだった。数値目標を達成するための営業活動や売上管理、生徒・保護者の面談、講師たちの指導など、拠点のマネジメントを背負いながら、自分自身も講師として教壇に立つ日々。労働時間は朝から深夜までにおよぶことも珍しくなかった。仕事にはやりがいを感じていたものの、「こんな働き方がいつまで続けられるのか?」という疑問や、「自分の好きな営業に専念したい」という願望が年々大きくなっていったという。35歳が目前となり、結婚しマイホームも購入していた中村さんだったが、「だからこその決断だった」という中村さんに、自身の転職体験を振り返ってもらった。(※本記事の内容は、2018年6月取材時点の情報に基づき構成しています)

転職前

業種
教育
職種
学習塾の運営(教室長)
業務内容
学習塾の運営に関わる一連の業務(売上・生徒管理 等)

転職後

業種
教育
職種
キャリアプランナー(医者を目指す学生の支援)
業務内容
医学部受験専門予備校における生徒管理・集客・広報 等

20代後半から転職を考えるように。でも、なかなか行動には移せなかった。

現在のお仕事はどんな内容ですか?

医学部受験に特化した医系専門予備校「メディカルラボ」を展開しているキョーイクホールディングス株式会社で働いています。医系の予備校では大手で、拠点は全国に25か所あります。私は名古屋校に所属し、広報の仕事をしています。具体的には、問い合わせをしてくださった方への資料送付や、電話案内、保護者との面談や、夏期講習・冬期講習の企画も担当しています。高校を訪問して夏期講習をPRするなど、月に何度かは社外に出ることもあります。医学部志望の生徒を紹介してもらえるよう、先生とのパイプを作っておくことも大切な仕事です。

入社前のご経歴を教えてください。

愛知の大学を出た後、大手の学習塾に就職し、3年目からは「校舎長」を任されていました。ひとことでいえば、教室運営の責任者です。教室全体の予算管理や売上管理、営業活動、アルバイトの採用・教育など、すべてのマネジメント業務を取り仕切りながら、自分でも小中学生に授業を教えていました。

転職のきっかけは?

自分が好きな「営業活動に専念したい」と思うようになったことがきっかけとなりました。前の職場は本当に忙しく、毎日ほとんど朝から晩まで働いていました。授業は1日に6コマ、夏期講習や冬期講習になると1日12コマを担当していました。その合間に営業の電話をかけたり、生徒や保護者と面談をしたり、本部での会議などをこなしている状況だったんです。それでも教室の業績はよかったし、会社からも評価をしてもらっていました。でも、だからこそ、もっと営業に専念して自分の力を発揮したいと思うようになったんです。私自身も、自分の言葉で人の心を動かし、その成果が数字として表れる仕事にやりがいを感じていましたので。そういった気持ちは20代後半からあったと思います。とはいえ、会社への愛着もありましたので、なかなか行動には移せなかったですね。でも自分が動かなければ、毎年同じことの繰り返し。しかも子どもができ、31歳でマイホームを持った後は、自分次第でもっと収入を上げていける環境にもあこがれるようになりました。前職は、どんなに頑張っても収入に反映されにくい環境でした。ですから、35歳を目前にしたタイミングで、転職活動にチャレンジしてみようと思い立ったんです。

転職活動はどのように進めましたか?

転職に成功している親戚から、「エージェントを通したほうがうまくいく」とアドバイスされたので、その通りにやってみました。大手の転職サイトに登録すると様々なエージェントからオファーメールが届くようになったので、3~4社のエージェントを利用しました。それぞれのエージェントから数社ずつ求人の紹介を受け、6社の面接を受けました。勤務地は愛知県に絞り、職種は法人営業で希望していました。最終的には広告会社、病院系のコンサルなど、3社から内定をもらうことができました。

今の会社に決めたポイントは?

まずは、個人営業も法人営業もどちらもできることですね。予備校を運営している会社なので、これまでの経験も活かせそうだと思いました。自分で授業をする必要はなく、営業に専念できるという環境も、希望通りでした。勤務時間も一般的な会社員と同じで、朝から夕方まで。生活のリズムも改善されそうだなと思いました。もう1つの魅力は、企業が急成長していて、この10年で売り上げが31倍に伸びていたという点。正直、はじめは会社名も知りませんでしたが、面接を受けてみて「将来性がありそうだ」と強く感じました。

家族との時間が増加。仕事の成果が待遇に直結する社風に、やりがいも大きくなった。

転職していかがですか?

まだ入ったばかりなので、わからないことばかりですが、すごく勉強になっています。以前働いていた学習塾は幅広い中高生を対象としていましたが、今の予備校の対象は、医学部をめざしている高校生や浪人生、社会人に特化されています。保護者も会社の経営者や開業医が多く、話し方や話の展開も前とは全然違います。身なりにも気を配るようになりました。仕事内容は希望通り、営業に専念できるようになりましたが、そのぶん細かいデスクワークなども増え、思っていたより忙しいです。

転職して良かったと思うことは?

いちばんは、自分の時間が増えたことです。特に私は家族との時間を大事にしたいと思っているので、これから子どもが大きくなっていくことを考えると、いいタイミングで環境を変えることができたと思っています。また生活のリズムがよくなったことで、私自身の体調もよくなりました。以前は常に体のだるさを感じていたのですが、今はすごく体が軽くなりました。だから妻も喜んでくれています。妻も以前同じ職場で働いていたので、つらさがわかっていたんですね。私の体のことを心配してくれていたみたいです。もう1つよかったのは、営業活動に専念できるようになったこと。自分自身のスキルアップにもつながりますし、今の会社は業績に応じてインセンティブが出る仕組みなので、頑張りがいもあります。

困っていることや課題はありますか?

仕事はまだまだわからないことばかりです。また、前の職場では小さいながらも組織のトップを10年近く続けていましたが、今は部署のいちばん下。気も遣いますし、ギャップもあります。どうしても前の職場と比べてしまうところがありますが、これは自分が慣れていくしかないと思っています。

生活面の変化はありましたか?

生活のリズムはすごくよくなりました。前は深夜に帰宅して、真夜中にご飯を食べ、また朝早く起きて会社へ行く、という生活だったんです。でも今は朝6時に起きて、夜も0時前にはもう寝ています。仕事も18時か19時には終わるので、遅くとも20時には家に帰れます。以前なら仕事の真っ最中だった時間に、家族と一緒に晩ご飯を食べられるようになったのはうれしいですね。通勤手段も車から電車に変わって、すごく楽になりました。電車だと寝ることもできますから(笑)。以前は夏期講習や冬期講習のシーズンになると、なかなか休みが取れませんでしたが、休日も計画的にしっかり取れるようになりましたね。

転職を考えている人にアドバイスをお願いします。

私自身も何年も迷ったすえにやっと行動しました。まだまだ新しい会社で仕事を始めたばかりなので、「成功した」とはまだ言い切れませんが、後悔はしていません。やってみないとわからないことも多いし、悩んでいるだけより、行動したほうが後悔は少ないと思います。また私はいろいろなエージェントを利用してみましたが、エージェントによって対応は本当に違うと感じました。某大手エージェントは、担当者があまり熱心ではなく、面接前のアドバイスが薄かったり、職務経歴書の添削もやってくれなかったりと、こちらが何か言わないとやってくれませんでした。逆に、リージョナルキャリア愛知の担当者はすごく熱心にサポートしてくれました。経験も豊富な方だったので相談もしやすかったですね。大手エージェントのいいところもあると思うんですが、たくさんの転職者を相手にしているので、1人1人のサポートが薄くなるのも仕方ないと思います。逆にリージョナルキャリア愛知はすごく小回りが利くと感じました。きめ細かなサポートを望むのであれば、地域に密着した小さなエージェントの方がおすすめできると思います。

転職成功者インタビュー一覧

ページトップへ戻る