リージョナルHERO

転職成功者インタビュー

リージョナルキャリアで転職した
方々に体験談をお聞きしました。

転職活動中の富山への帰郷は1回だけ。希望条件の実現だけでなく、効率の良さにも満足。

株式会社アスプコミュニケーションズ
花田博司さん(仮名・Webディレクター) 43歳

転職回数
1回
転職期間
エントリーから内定まで137日間

インターネットサービスを展開する東京の大手企業に勤務していた花田さん。長男ということもあり、「いずれは地元に帰ろう」と考えてはいたものの、「仕事が面白くて、ずるずると先延ばしになっていた」という。そんな花田さんの背中を押したのは、子どもができたこと。「富山で子育てがしたい」と考え、42歳の時に転職活動を開始。そこで壁に感じたのが、東京と富山の距離だった。ネット上に地元企業の情報は少なく、富山へ行くとなると、かなりの時間と費用がかかる。ところがリージョナルキャリア富山に相談すると、そんな悩みが一度に解決した。リージョナルキャリア富山のコンサルタントは富山の企業情報を携えて東京まで来てくれ、応募会社も絞り込めたおかげで、富山へは1回行っただけで内定が決まったという。「自分の望む条件もクリアでき、とても効率の良い活動ができた」と振り返る花田さんに、転職成功のポイントをうかがった。(※本記事の内容は、2018年4月取材時点の情報に基づき構成しています)

転職前

業種
WEBサービス
職種
営業企画
業務内容
WEBサービスの企画立案・運営から、新規顧客開拓・ルート営業まで幅広く担当

転職後

業種
情報通信
職種
WEBディレクター
業務内容
上場企業や金融系企業を中心に、WEBサイトのリニューアルとメンテナンスのディレクションを担当

地元へ行くには、時間も費用もかかる。だから会社を絞り込むことが大切だった。

現在のお仕事はどんな内容ですか?

私が働いている「株式会社アスプコミュニケーションズ」は、上場企業のディスクロージャー実務を支援する「株式会社プロネクサス」の100%子会社です。開示書類の作成支援やシステムの開発・運用、IRツールの企画制作などを行っており、私はディスクロージャー制作部のWEBグループに所属し、上場企業や金融系企業を中心に、WEBサイトのリニューアルとメンテナンスのディレクションを担当しています。

入社前のご経歴を教えてください。

富山の高校から東京の大学へ進学し、卒業後はずっと東京で働いていました。最初に就職したIT企業ではプログラマーとして3年働きました。2社目は不動産の情報サイトの運営会社で、SEとして社内外システムの開発やサーバー構築等のインフラ運用管理を7年ほど担当しました。3社目は、インターネットサービスプロバイダを展開している大手企業。ここではエンジニアではなく、WEBサービス事業部に所属し、約10年間WEBサービスの企画立案・運営から、新規顧客開拓・ルート営業まで幅広く担当していました。

転職のきっかけは?

今回の転職は、なにより地元へ帰りたかったからでした。私は長男ですし、富山の実家には田畑もあるので、「いつかは自分が管理をしなければ」、という気持ちがありました。ただ、前の会社は仕事がとても面白かったので、ずるずると先延ばしになっていました。ですが、妻が妊娠したことでスイッチが入り、「子育ては富山でしたい!」と思ったんです。自分が子どもの頃、田んぼで走り回って遊んだりするのがすごく楽しかったんです(笑)。妻も富山出身なので、すごく喜んでくれましたね。

転職活動はどのように進めましたか?

最初は情報収集のために大手転職サイトに登録しました。それでわかったのは、大手のサイトでは全国規模の会社の情報はあっても、富山の情報は非常に少ないということ。せっかく富山に帰るのですから転勤がない会社を求めていましたが、全国規模の会社は「転勤あり」がほとんどでした。それで、ハローワークや富山に特化したエージェントへと、活動の幅を広げてみたんです。そんな折に出会ったのが、リージョナルキャリア富山です。すごく親身にサポートしてもらえたので、途中からはリージョナルキャリア富山一本で活動しました。

具体的には、どんなサポートがありましたか?

ハローワークは自分から足を運んで情報を探さないといけませんよね。ところがリージョナルキャリア富山のコンサルタントは、富山から東京へわざわざ会いに来てくれて本当に驚きました。私の仕事が終わる時間にあわせてお会いし、いろんな話をしました。初回は面談でしたが、2回目からは具体的な求人情報を持ってきてくれました。全部で5~6社候補がありましたが、話をしながら、最終的には1社に絞り込んでいったんです。この絞り込みが、とても重要だったと思います。富山までだと、面接に行くだけでもかなりの費用と時間がかかります。何度も面接に行くわけにはいかなかったので、絞りこむ必要がありました。コンサルタントには絞りこむ際のアドバイスももらえましたし、面接の日程や条件面の調整もすべてやってくれました。選考を受けたアスプコミュニケーションズの1次面接は東京にある親会社で対応してくれたので、転職活動で富山に行ったのは一度だけです。

今の会社に決めたポイントは?

それまでの自分の経験を活かせる仕事だと思いましたし、親会社の「プロネクサス」のことは前から知っていたんです。「こんな大きな会社のバックヤードが富山にあるなんて!」と衝撃を受けました。しかも面接のときに、「これからはWEB部門に力を入れていきたい」という話を聞いて、自分もその一翼を担っていけたらと思いました。私にはどうしても譲れない条件があったんです。いずれは実家にある田畑の管理も自分がやらなければいけないと思っていましたし、家族との時間を大切にしたかったので、転勤がないことと休日がしっかりとれることを重視していました。この2つの条件が、今の会社はどちらも十分に満たされていました。

会社が決まって転職活動は終わりじゃない。Uターンにはさまざまな準備が必要。

転職していかがですか?

面接のときに聞いていた通り、会社がWEBグループに力を注いでいるのを感じました。約4年前に10名くらいではじめたコーポレート部門のWEB制作が、今ではメンバーが30名の大所帯になったそうです。WEB制作のニーズもどんどん増えていて、毎日忙しく、とても充実しています。また20代のメンバーがたくさんいる職場なので、元気や刺激をもらえています。仕事もすぐに慣れましたね。入って最初の1週間はOJTがありましたが、そのあとはすぐに現場に入り、ディレクションを任されました。親会社が東京にありますので、仕事のスケール感やスピード感も以前と変わりません。前の会社と違うのは、IR向けのWEBを作っているので、情報の取り扱いに対する意識が非常に高いこと。今までは文字が間違っていても「直せばいい」という感じだったんですが、ここでは数字などの間違いは許されません。ですから、念入りにチェックをするようになりました。

転職してよかったと思うことは?

やはり家族との時間が増えたことですね。土日はよく実家へ帰るのですが、そのたびに親戚も集まって、大勢でご飯を食べたりします。そんなふれあいがすごく楽しいですね。近所の人たちまでも、まるで親戚みたいに、「お帰り」「よかったね!」と言ってくれます。そこが東京と違うところ。周りの人が喜んでくれるのはうれしいし、子どものためにもいい環境だと感じています。近くに頼れる人がたくさんいると、私達もありがたいですよね。東京にはなかなかそういう人がいませんでしたから。

困っていることや課題はありますか?

前は営業対応もしていたので外回りもありましたが、今は100%内勤なので、少し運動不足気味ですね。週末は運動しなければと思っています。今は賃貸マンションに住んでいますが、2DKで月5万円ほど。東京で同じような物件なら10万円以上するのではないでしょうか。残業が減った分、収入は少し減りましたが、富山は物価も安いですし、生活の面では問題ありません。

生活面の変化はありましたか?

家族との時間は圧倒的に増えました。前は終電が当たり前。しかも片道2時間かかりましたから、家に帰りつくのは夜中。それでいて朝7時には家を出るので、平日は妻ともほとんど顔を合わせることがなかったんです。でも今は19時か20時には家に帰れるので、毎日、子どもを風呂に入れています(笑)。通勤時間も車で35分なので、本当に楽です。飲みに行くことも少なくなりましたから、お金も使わなくなりましたね。

転職を考えている人にアドバイスをお願いします。

自分でやってみてわかったのは、Uターン転職は想像していたより時間がかかるということ。仕事が決まってそこで終わりじゃなくて、移住までの準備期間も必要です。例えば、東京に持っていたマンションの売却や、富山での家探し、車の運転の練習など…。富山の生活には車が不可欠ですが、妻は運転できなかったんです。採用決定から入社まで、私の場合は3ヶ月時間をもらえましたが、それでも時間ギリギリでした。ですから入社までの準備期間をしっかり確保することが大切。あるいはあらかじめ、やるべきことを洗い出しておいて、早めにスケジュールを立てて臨むことをおすすめします。もう1つおすすめしたいのは、転職において自分が譲れるポイント、譲れないポイントを明確にすること。すべてを満たす会社はなくて、何かしらの条件は譲らないといけない。私の場合は、それが給料でした。首都圏から富山へのUターンを考えると多少の収入減は致し方ない。だけど、転勤がないことと、休みは譲れなかった。そういったポイントを決めておかないと、絞りこめないですし、自分自身が納得した決断もできないと思います。

転職成功者インタビュー一覧

ページトップへ戻る