リージョナルHERO

転職成功者インタビュー

リージョナルキャリアで転職した
方々に体験談をお聞きしました。

沖縄移住という夫婦の夢。残された時間の大切さを重視して移住を決意。

株式会社青い海
神谷宏隆さん(仮名・経営企画) 37歳

転職回数
2回
転職期間
エントリーから内定まで104日間

関西出身の神谷さんは、大阪の大手物流企業で管理職として活躍していた。だが昇進し、仕事が増えるにつれて毎日の帰宅は遅く、土日に仕事をすることも当たり前になっていった。そんな生活の中で芽生えた夢が、「いつか夫婦で沖縄に移住すること」だったという。38歳で夢を実現し、沖縄の美しい海が眼前に広がる会社で第二の人生を歩み始めた神谷さんに、転職の経緯とその後の暮らしをインタビューした。また、長く人事担当を経験してきた立場から、転職を考えている方に向けた貴重なアドバイスも送ってくれた。(※本記事の内容は、2020年12月取材時点の情報に基づき構成しています)

転職前

業種
大手物流会社
職種
人事・総務・労務
業務内容
総務・人事・労務・採用・法務・経理・財務会計の各業務のマネジメント。全体の経営会議、部門の業務実行管理、役員との折衝など

転職後

業種
食品開発、製造、加工、販売
職種
経営企画
業務内容
企画管理業務全般

求職者だけでなく、経営者の思いもわかる転職エージェントを探そう。

現在のお仕事はどんな内容ですか?

沖縄本島最南端の糸満市に本社があり、「シママース」というブランドの塩製品を製造販売している製塩会社で働いています。私は本社の経営企画部に所属し、経営者と一緒に会社全体を見まわして、課題を見つけ、戦略や改善策を考えて各部門に橋渡ししていくことがミッションです。また経営企画部には人事総務課も含まれますので、その部門長も担当しています。

入社前のご経歴を教えてください。

出身は京都ですが、大学を卒業してからはずっと大阪で働いていました。最初に就職した自動車メーカーの販売会社で3年間営業を経験した後、大手の物流企業に転職し、管理部門の仕事に取り組みました。給与計算や入退社の管理といった労務管理業務から始め、だんだんキャリアアップし、最終的には人事・総務だけでなく、経理、法務、財務会計など、様々な業務のマネジメントを任されるようになりました。全体の経営会議にも出席し、経営のてこ入れや、役員との折衝なども行うようになりました。

転職したきっかけは?

5年前に結婚したのですが、結婚する前から妻と沖縄によく旅行に来ていたんです。最初に訪れた時に現地の風土とフィーリングがあったのか、沖縄が大好きになりました。それからは3か月に1度のペースで沖縄に来るようになり、いつしか「沖縄で暮らすこと」が二人の夢になっていました。でも当時は仕事が本当に忙しく、なかなか辞められない状態。移住の準備を始めてから実際に行動を起こすまで、3年かかりましたね。職場で部下が育ち、自分がいなくても大丈夫な組織になったと判断できたタイミングで会社を辞め、沖縄へ移住しました。

転職活動はどのように進めたのですか?

私は長く人事担当をしていたので、人材紹介会社とも日々お付き合いがあり、転職は身近なものでした。そんな経験から私が重視したのは、紹介会社の選び方です。求職者の声だけでなく、経営者の生の声を聞いている紹介会社を探しました。というのも、紹介会社の中には、求職者と話す担当者と、求人会社の担当者が別、というところも少なくないんです。それだと、ミスマッチが起きやすく、私が採用する側だったときにも、「自分たちの思いが伝わっていない」と歯がゆくなった経験が何度もありました。そこで出会ったのが、リージョナルキャリア沖縄だったんです。実際にコンサルタントと話してみると、地元の企業にしっかり足を運んで生の情報を収集していることがわかり、すぐに「ここにお願いしよう!」と決めました。とはいえ、私が希望していた経営や戦略に携われる仕事は、沖縄では多くないこともわかっていました。ですから、先に移住して、のんびり探そうと考えていたんです。リージョナルキャリア沖縄のコンサルタントにも、「ゆっくり探してください」と伝えていたのですが、すぐに5社ほど紹介してくれました。結果的に1か月ほどでトントン拍子に内定まで至りました。

今の会社に決めたポイントは?

経営者が今後のビジョンを具体的に見せてくれたことです。当社はまもなく創業50周年を迎えます。好景気の時代もありましたが、近年は塩業界の市場もゆるやかに縮小していて、その市場を複数の会社で取り合いしている状態なんですね。今は大丈夫でも、10年先、20年先を見据えたときに、このままじゃいけないということで、経営陣が組織や事業の強化にむけて取り組み始めたタイミングだったんです。常務が面接の場でそのビジョンを具体的に説明してくれ、「これを実現するのが、あなたの仕事ですよ」といわれたのが心に響きましたし、自分の経験を活かせそうだと思いました。また、以前の会社は2000人規模でしたが、現在は100人ほど。規模が小さいからこそ、組織の細部まで見えるし、自分の力を発揮できそうという点も魅力でした。

昼は目の前のビーチで休憩。夜はランニングや勉強ができるように。

転職していかがですか?

まずびっくりしたのは、残業がほとんどないことです(笑)。プライベートな時間がしっかりとれているからでしょう、社員と会社の関係もとても良好だと感じますね。仕事の面でも、十分な権限と責任をもらえています。入社早々に中期経営計画を推進していく会議に参加し、人事・総務・財務面の領域や、各部門と連携し経営戦略を実行していく業務を任されています。基本的にはのびのびと主体性をもって取り組ませてもらえており、変な気をつかうこともなく、自分の仕事に専念できています。

仕事を円滑に行うために心がけたことはありますか?

入社直後は私から希望して、いろいろな部署で研修をさせてもらいました。私は会社のことを早く知りたかったし、社内のメンバーには私の顔を覚えてもらいたかったので。工場にも入って、皆と一緒に汗を流しながら塩づくりもしました。前職時代から私が大切にしているのは、現場へのリスペクト。「上からえらそうに」と感じさせてしまっては、現場の皆に気持ちよく動いてもらえませんし、現場の課題も見えてきませんからね。

生活面ではどんな変化がありましたか?

今は那覇市の近郊でマンションを借りています。糸満市にある会社にも、那覇市の中心部にも、車で15分~20分で行ける立地です。周囲には移住者も多く、新しいマンションもどんどんできているので、選択肢は豊富にあります。転職して帰宅時間はかなり変わりました。前の会社では仕事が終わるのは早くても22時でしたが、今はほぼ定時の17時。明るいうちに帰るのは、最初はとても罪悪感がありました(笑)。時間も余ってどうしたらいいのか戸惑いましたが(笑)、最近はランニングをしたり、本を読んで勉強したり、有効に使えています。休みも以前は土日も休めないことが多かったのですが、今はしっかり休めています。ですから週末は必ず、夫婦であちこち出かけて、沖縄の生活を満喫しています。沖縄本島にあるビーチはもう、ほとんど巡ってしまいました。食事時間や回数も以前は不規則でしたが、今は3食ちゃんと食べているので、体の調子もすごくいいです。

困ったことや課題はありますか?

仕事の面ではないですね。プライベートでは、ささいなことですがいくつかあります。例えば沖縄はけっこう渋滞するんですよ。私が大阪出身だからかもしれませんが、車の流れが遅く感じます。最初は運転のリズムがなかなか合いませんでしたね。また雨が降ると、塩っ気があるので、家も車もべたべたになるんですよ。ですから雨の翌日はガソリンスタンドが大渋滞します。あと、沖縄の人はドライブスルーが好きみたいで、ドライブスルーはいつ見ても混んでますね(笑)。でも、そんなことは気にならないくらい、沖縄の暮らしに満足しています。

沖縄の魅力は?

まずは、青い海ですね。会社からも見えるんですよ。海辺に会社と工場があるので、歩いて1分でビーチへ行けます。またこのビーチがきれいなんです!昼休みは歩いてビーチに行って、海を見ながらご飯を食べたりしています。あとは、人々が醸し出す、ゆったりとした空気感がいいですね。沖縄の人はせかせかしてないので、おだやかに暮らしていけるんですよ。かといってけっして田舎ではなくて、那覇や浦添は私が以前住んでいた大阪の郊外よりもよっぽど都会。必要なものは手に入るので、不便さはまったく感じません。

転職してよかったと思うことは?

自分の時間が増えたことと、自分の能力をいかした仕事ができていることです。しかも、経営者と一緒に仕事をすることで、これからさらに自分の目線や能力を高めていけそうだと感じています。もちろん、昔ながらの会社なので課題や足りていないこともたくさんありますが、そのぶん伸びしろもあります。「このままではいけない」という危機感が経営者にありますし、私も大きなやりがいを感じています。

前職は大手企業でしたが、転職にあたって迷いはなかったのですか?

その迷いはなかったですね。理由はやっぱり、自分の人生を考えた時の“時間”だと思います。仕事とプライベートのバランスが大事だと思うんですよ。前職ではそのバランスがとれていませんでした。そんな生活をこれから20年間続けていって、「ありたい自分でいられるのか?」と考えたときに、転職することを私は選びました。いくら給料がよくても、自分のために使えなかったら意味がありませんから。

転職を考えている人にアドバイスをお願いします。

転職は人生の大きな転機です。躊躇したり、不安になることもあるでしょう。でも、まずは情報を集めてみないと、なにも始まりませんよね。情報を集めるには、気軽にエージェントに相談してみたらいいと思います。特に沖縄での転職を考えているなら、自信をもってリージョナルキャリア沖縄をおすすめします。人事担当をしていた自分の目線から言うと、リージョナルキャリア沖縄のよいところは、求職者の視点と経営者の視点を両方持っていること。だから的確なマッチングができるし、いろんな提案もしてくれます。自分が考えてもいなかったような、新しい可能性を見つけてくれるかもしれません。また担当者以外のスタッフとも話をしてみましたが、リージョナルキャリア沖縄は全員が同じ思いと意識を共有しているので、安心して相談できます。あきらめずに取り組んでいれば必ず自分に合う仕事は見つかると思いますので、自分のやりたいこと、自分にできることを整理して、まずは動き出してみることが大切だと思います。

担当コンサルタントから

株式会社レキサン 
花岡 利季

弊社にエントリーいただいた神谷様のキャリア情報を拝見した時から、魅力的なマッチングの可能性を感じていました。神谷様はロジカルな思考をお持ちであるのと同時に、丁寧で物腰柔らかい姿勢、複数の難関資格の保有、これまでの素晴らしいキャリアやマネジメントスタイル、移住への本気度などからも、新たな就職企業において中心人物として活躍される方だと確信し、「ぜひ株式会社青い海様の常務に会って頂きたい!」と面談中に強く思ったことを覚えております。株式会社青い海様との面接の際に常務より、自社のさらなる発展を念頭においたイノベーション案を展開頂いたのですが、神谷様はその実現に向けたご自身なりのアプローチ方法をイメージされていることが伝わって参り、常務・社長とも強く共鳴されていました。面接後に神谷様は「青い海社様、社長および常務に、自分のキャリアをかけたいと感じました」と印象を共有くださり、結果、新たなキャリアの門出を迎えられることになりました。その後も、別の候補者様の採用を支援させて頂くなど、青い海様には大変お世話になっており、神谷様のご活躍ぶりも伺っております。今後も沖縄での新たな人生とキャリアを謳歌して頂きたく存じます!

転職成功者インタビュー一覧

ページトップへ戻る