リージョナルHERO

転職成功者インタビュー

リージョナルキャリアで転職した
方々に体験談をお聞きしました。

家族との生活、積み重ねてきたキャリア。どれも大切だった地元への転職。

株式会社日本クライメイトシステムズ
荒木雄三さん(仮名・経理) 30歳

転職回数
1回
転職期間
エントリーから内定まで60日間

東証一部上場企業から地元自動車部品メーカーへ転職。荒木さんは8年間勤めた前職を辞め、地元広島へのUターン転職を選択した。実家に残っていた弟たちが独立することになり、長男として実家へ戻ることを決めたのだ。しかし、遠く離れた関東から広島企業への転職活動は独力ではままならない。「実家に戻れることが第一条件だけれど、せっかく今まで蓄えた力を生かせる職場を探したい」その想いでリージョナルキャリア広島のコンサルタントにコンタクトをとった。現在はプライベートと仕事の両方に満足していると話す荒木さんにお話を伺った。(※本記事の内容は、2015年8月取材時点の情報に基づき構成しています)

転職前

業種
化学系メーカー
職種
経理
業務内容
固定資産会計、原価計算、税務会計、法人税等の申告納税、決算短信や有価証券報告書等の開示資料の作成

転職後

業種
自動車部品メーカー
職種
経理
業務内容
経理業務全般、製品会計、債権管理、固定資産会計等。その他内部統制、国際税務対応

長男として実家に戻ることを決断。しかし、これまでのキャリアは無駄にしたくない。

現在のお仕事はどんな内容ですか?

前職と同じく、経理の仕事をしています。ただ、以前の会社は規模の大きい上場企業で経理部門だけでも多くのスタッフがいましたが、現在は数人の職場。同じ経理職と言っても自分が受け持つ範囲や会社への影響力という点ではかなり違います。以前は業務が細分化され部分的に責任を果たしていた感じですが、今は常に会社全体の経理を見ているという意識で仕事をしています。仕事場も製造部門と近接していて、すぐに現場を見られる環境にあり、組織の中での自分の役割をしっかりと認識できるようになりました。

入社前のご経歴を教えてください。

関西の大学を卒業後、関東に本社を構える化学系東証一部上場メーカーに新卒で入社しました。文学部の出身ということで特に知識も持っていなかったのですが、最初に中国地方の工場の経理部門に配属され、経理のイロハを学びました。その後、関東の本社の経理部門に転勤となりましたが、入社以来、ずっと経理の仕事を続けてきました。

転職のきっかけは?

実家にいた弟2人が結婚、独立して家を出たということが直接のきっかけでした。私は長男ですし、いずれは実家のある広島に帰ろうという思いはありました。私自身、2人目の子供が生まれ、実家から離れた場所での子育ての難しさを感じていたこともあり、上の子が小学校に入学する前にUターンしたいうという思いから、今回のタイミングで決断しました。

転職活動はどのように進めましたか?

転職についての意識が出始めた頃から、インターネットの転職サイトなどで情報を収集するようになりました。しかし、実家の通勤圏ということになるとあまり大きな会社もありませんし、募集を行っている情報もなかなか得られませんでした。関東に住んでいましたから、簡単に地元に帰って転職活動をするわけにもいきません。そこで、地域密着型で、私の地元にも強そうなリージョナルキャリア広島にお願いすることにしました。

今の会社に決めたポイントは?

会社選びのポイントとして担当コンサルタントにお願いしたのは、第一に実家からの通勤圏内にあるということ。そして、経理としての経験・知識を生かして活躍できそうなところということです。給与は東京にくらべて下がることは覚悟していましたが、その中でも納得できる待遇であることも希望しました。そして2社紹介してもらい、より希望に近かった今の会社を選びました。インターネットなどで得られる表面的な情報だけでなく、コンサルタントの方から掘り下げた情報をいただくことができ、面接前に具体的なイメージをして臨めたので、面接でも経験や思いをしっかり伝えることができました。

会社全体を見た経理業務ができるように。生活や子育てにもベストな環境。

転職していかがでしたか?

仕事内容についても予想していた通りですし、やはり地元は親のサポートもあり、子育ての環境としてもベストではないかと感じています。

生活面での変化はいかがですか?

以前は電車で片道1時間20分かけて通勤していました。こちらでも会社は40kmほど離れているので車で50分かかるのですが、道はすいていますし音楽やラジオ番組を聴きながら自分の時間を過ごせるのでストレスもなく通えています。以前より子供と接する時間も多くなり、気持ちにも余裕ができました。

困っていることや課題はありますか?

困っているというほどのことはないのですが、車でしょうか。関東にいた頃から車は持っていたのですが、公共交通機関で事足りることも少なくありませんでした。ただ広島では日常生活で車が必要なことも多く、その車は妻が使うことになりました。私は通勤用でもう一台、車を購入しました。

転職を考えている人にアドバイスをお願いします。

私のように、転職先として考える地域が離れている方はなかなか自分の目で見ながらの転職活動は難しいと思います。そんな時はぜひリージョナルキャリア広島のような人材紹介会社の力を借りることをお薦めします。コンサルタントの方と密にコンタクトをとることで、しっかりした情報を得ることができ、自分の希望とのマッチングもうまくいくのではないでしょうか。

担当コンサルタントから

株式会社ライフサイズ 
中島 純一

高いコミュニケーション力、常に真摯に仕事に向き合う実直さ、チャレンジ精神、など良い点を挙げればきりがない荒木さん。前職でも経理の幹部候補として順調なキャリアを積まれているなという印象でした。そんな荒木さんが今回Uターン転職を選択されたのは、何と言っても「ご家族との生活を大切にしたい」という価値観を大切にされ、またそれを実行に移す勇気をお持ちだったからだと思います。ご実家のある尾三地区からの通勤はMUST要件であったため、たくさんの選択肢を持つことは難しかったものの、結果として「通勤」と「経理としての幅を広げたい」というご志向も叶える現職をご紹介でき、私にとっても非常に手ごたえのあるお手伝いとなりました。上場企業で四半期決算のお忙しい業務の合間をぬっての転職活動は苛烈を極めたと思いますが、「自分のことなので当然です」と笑顔でおっしゃる姿にはシビレました。

転職成功者インタビュー一覧

ページトップへ戻る