リージョナルHERO

転職成功者インタビュー

リージョナルキャリアで転職した
方々に体験談をお聞きしました。

自分にとっての「豊かさ」とは?その答えが、Uターン転職にあった。

株式会社遠州鉄道
早坂将司さん(仮名・不動産開発) 32歳

転職回数
2回
転職期間
エントリーから内定まで45日間

「もともと地元愛が強かった」という早坂さん。まとまった休みがとれるたびに、東京から静岡へ帰省。趣味のサーフィンを楽しんだり、実家の茶畑を手伝っていた。だがそんな早坂さんでも、地元への転職は、迷いに迷った。Uターンを具体的に考え始めたのは、30歳を過ぎた頃。しかし真剣に考えれば考えるほど、地元へ帰る不安も大きくなったという。「収入は減るだろうし、不便にもなる。付き合う人も変わる。それでも本当に帰るべきなのか?」。自問自答を繰り返した末に、31歳で妻子を連れてのUターンを決断。その背中を押したのは、「自分にとっての豊かさとは何か」「どんな人生を過ごしていきたいのか」という問いかけだった。(※本記事の内容は、2014年5月取材時点の情報に基づき構成しています)

転職前

業種
総合不動産業
職種
不動産・建設
業務内容
マンションディベロッパー業務全般

転職後

業種
鉄道
職種
不動産開発
業務内容
土地建物の維持管理及び新築の開発工事発注

「静岡に帰るなら、早い方が子どものためにもなる」と妻を説得。

現在のお仕事はどんな内容ですか?

鉄道会社の不動産事業部で働いています。遠州鉄道グループが保有している駅舎や路線バス営業所、テナントビル、賃貸マンション、遊園地、旅館、介護施設といった建物の建設、メンテナンスなどを担当しています。具体的には、業者への設計業務や建築業務の発注、施工現場の管理、賃貸物件の管理といった仕事をしています。

入社前のご経歴を教えてください。

マンションディベロッパーで、開発業務に携わっていました。建設部からスタートして、営業部、プロジェクト推進部など、いろいろな部署を経験させてもらいました。転職する直前は、マンション建設用地仕入れを担当する部署で主任をしていました。

転職のきっかけは?

もともと地元である静岡への愛着は強く、大学時代は神奈川から、就職後も東京から頻繁に帰省していました。趣味のサーフィンをしたり、実家がお茶の生産をしているので農作業を手伝ったりしていました。でも具体的にUターンを考え始めたきっかけは、子どもが生まれたことですね。「これからどうしよう。どこで子育てしようかな」と考えたときに、地元に帰って、自分と同じ環境で子どもを育てるという選択肢もあるよなと思ったんです。それで軽い気持ちで、静岡でどこか募集してる会社がないかなと調べるようになりました。

転職活動はどのように進めましたか?

僕の場合は、本当に、「徐々に」という感じでした。仕事をしながら、とりあえず転職サイトに登録をし、職務経歴書を書き始めました。でもしばらくは、「本当にいいのかな?」という気持ちも持ち合わせていました。転職って、人生が大きく動くじゃないですか。家族もいるし、軽い気持ちでは帰れないですよね。年収が下がるのは知っていましたし、妻も仕事を持っていましたので、なかなか話せませんでした(苦笑)。転職の準備をしながらも、ずっと自問自答を続けていました。でも最終的には、「自分は地元が好きなんだ」というところに行きつきましたね。海があって、一面の茶畑が広がってて。そんな環境のなかで暮らせたら幸せだろうなぁと思うようになりました。

奥様にはいつ話したのですか?

今の会社に初めて面接に行く直前ですね。ゆくゆくは帰ろうと思っているし、タイミングとしては早いほうが、子どものためにもなるんじゃないか、と話しました。簡単にOKというわけにはいきませんでしたが、それでも最終的にはついてきてくれるという結論になりました。妻も在宅勤務という形で会社に残ることができたので、それも助かりましたね。

今の会社に決めたポイントは?

大手の人材紹介会社からもいくつか紹介されたんですが、ハウスメーカーが多くて、「受けよう」というところまでいきませんでした。僕の希望は、不動産だったんですが、会社の母体は特にこだわりがありませんでした。ただ、街づくりに関わることができる会社が希望でした。地元のために貢献できる仕事がしたいと思っていました。でもそういうことをしている会社は、静岡県内で探すと、数えるほどしかないんですよ。ところがリージョナルキャリア静岡から紹介されたいくつかの会社の中に、あったんです。それが今の会社。「地域とともに歩む総合生活産業」という企業理念にすごく共感しましたし、中途の社員を多く採用している点も、入社後に馴染みやすそうだと感じられたので決め手になりました。

自分の時間が大幅増。出勤前にサーフィンも!

転職していかがでしたか?

自社ビルや百貨店があって、スーパーも、介護施設もある。そういう建物の建設工事やメンテナンスをやっていると、「地域の仕事をやってるな!」という実感があります。また以前はマンションだけでしたが、転職して、携わる建物の種類が広がったことも嬉しいですね。新たな勉強も必要ですが、新鮮な気持ちで仕事ができています。

生活面での変化はいかがですか?

とにかく、通勤が楽になりました。以前は満員電車で1時間。今はバスで10分。時間はもちろん、ストレスのかかり方が全然違いますね。時間の使い方も変わりました。以前は毎日21時くらいに帰宅。仕事でぐったり、通勤でぐったりで、帰ったら、食べて寝るくらいしかできませんでした。でも今は19時台に帰宅できますので、子どもと一緒に夕飯を食べて、風呂に入って、遊べるようになりました。おまけに子どもが寝た後、本を読む時間もつくれています。自分の時間が圧倒的に増えましたね。休日は、サーフィンに行ったり、家族とおいしい海の幸を食べに行ったりしています。海へは、家から車で10分くらいなんですよ。行くときは週に1回のペースでサーフィンに行ってます。今年の夏は、出勤前にサーフィンをやりたいと思っているんです。朝6時に起きたら、じゅうぶん行けますからね。それから、僕と妻が共働きなので、実家の両親が子どもを預ける機会が増えました。僕たちも助かりますし、両親も嬉しそうです。これも親孝行だったかなと思っています。あと、静岡に帰ってきて驚いたのは、道ですれ違う子どもたちが普通にあいさつしてくれることです。住民同士が助け合っているところもよく見かけますし、みんな、心のゆとりがあるなぁと感じます。そういう環境で子育てができるのも嬉しいですね。

転職を考えている人にアドバイスをお願いします。

担当コンサルタントとの最初の面談のときに、「転職をする上でのあなたの軸は?」と聞かれたんです。そのときに「ワークライフバランス」と答えました。しかしながら、いざ転職を決断する段階になると、迷うんですよね(苦笑)。環境が変わること、収入が減ること、気になることがいろいろ出てきます。そんなときに、担当コンサルタントが「最初にこう言ってましたよね」とワークライフバランスのことを思い出させてくれました。あの言葉で背中を押してもらったように感じます。つまり、自分の幸せと感じられる状況を深く掘り下げることが大事だと思うんです。自分にとって、豊かな生活とはどういう状況なのか。それがしっかりイメージできていれば、的確な判断ができると思います。特に地方へのUターンの場合は、環境が大きく変わりますから、少なくとも、「今の環境が嫌だから」ではなく、自分自身の前向きな未来をイメージすることが大切だと思います。

担当コンサルタントから

株式会社リンク・アンビション 
種市 一仁

早坂さんは当時東京にお住まいでしたが、本格的にUターンを検討しているとのことで帰省のタイミングで静岡でお会いさせて頂きました。当時の状況や今後について、しっかりと自分の言葉で考えをお話し頂き、しかも見た目が良く(笑)、「この方を欲しがる静岡の企業はたくさんあるだろうなあ」と思ったのを覚えています。加えて、明確に地元の力になりたいという思いをお聞きして、ぜひ早坂さんの力になりたいとも思いました。複数の企業をご紹介させて頂き、企業の評価も高く一見順調に見えましたが、どうしても首都圏の給与水準からみると見劣りするため、何度も摺り合わせを行わせて頂き、ようやく良縁となりました。現在も食事に行ったり仲良くさせて頂いており、個人的にもいろいろなことを勉強させて頂いています。早坂さんのような「都市部でキャリアを積んだ優秀な方がUターンし、地方が活性化する」というモデルのようなUターン転職に携われて、改めて嬉しく思います。

転職成功者インタビュー一覧

ページトップへ戻る