リージョナルHERO

転職成功者インタビュー

リージョナルキャリアで転職した
方々に体験談をお聞きしました。

将来を考え、北海道で腰を据えて働ける企業に転職。穏やかな生活と新たなやりがいを見つけた。

株式会社メディカルシステムネットワーク
高畑優斗さん(仮名・社内SE) 34歳

転職回数
0回
転職期間
エントリーから内定まで60日間

大手企業グループのシステム会社に勤務していた高畑さん。プロジェクトの規模も大きく、収入も厚待遇だったが、仕事上の苦労も少なくなかったという。担当の工場は24時間稼働なので、トラブルが発生すれば夜中でも対応を迫られ、休日に家族との約束を守れないことが少なくなかった。また、プライベートでは小さな子どもを抱えていて、愛知県には頼れる身寄りがいないことが不安だったため、33歳のときに北海道へのUターンを決意。北海道でシステム開発の職を得た高畑さんは、新たな仕事のやりがいと地元での穏やかな生活を語ってくれた。(※本記事の内容は、2021年1月取材時点の情報に基づき構成しています)

転職前

業種
IT・通信
職種
システムエンジニア
業務内容
システムエンジニアとして、自グループで使用する基幹システムの開発

転職後

業種
化粧品・医薬品(小売)
職種
社内SE
業務内容
社内システムの業務改善

前職のプロジェクトでは、ユーザーの顔が見えにくかった。

現在のお仕事はどんな内容ですか?

メディカルシステムネットワークは、主な事業としては調剤薬局「なの花薬局」を全国で運営しつつ、グループ内外に「医薬品ネットワーク」サービスを提供している会社です。私は情報システム部で医薬品の在庫管理や発注システムの開発を担当し、プロジェクトリーダーを補佐するポジションを任されています。

入社前のご経歴を教えてください。

北海道出身ですが、北海道の大学を卒業した後は愛知県にある大手メーカーのシステム子会社に就職し、工場で使用されている業務システム開発に携わっていました。仕事内容は今とほぼ同じで、部品発注や在庫管理のシステムを担当していました。

転職したきっかけは?

もともと学生時代から地元志向があったのですが、一度は本州に出て勉強してみたいという思いもあり、愛知で就職したんです。そして24歳で結婚し、子どもも生まれました。しばらくはそのまま働いていたのですが、30代になった頃から、「このままずっと、ここで働いていいのか?」と悩むようになったんです。理由はいくつかありますが、前職のプロジェクトではユーザーの顔が見え難かったという点が気になっていたことに加えて、仕事もすごく忙しかったんです。工場は24時間稼働していますから、トラブルが起これば夜中でも対応しないといけません。もう1つは、家庭の事情です。名古屋に住んでいたのですが、私は北海道で、妻は九州の出身。愛知には親類がいなくて、育児では誰にも頼れませんでした。ですから、「いずれはどちらかの地元で子育てしたいね」と夫婦で話し合うようになっていました。それで私が33歳になったとき、職場の後輩たちが育ってきたタイミングで転職活動を始めることにしたんです。

転職活動はどのように進めたのですか?

まずはひと通り、知名度の高い転職支援サイトには登録しましたが、最終的には北海道への転職を専門に扱っているリージョナルキャリア北海道を利用しました。遠隔地からのUターン転職だったので、転職支援会社とはオンラインで面談しました。社内システム系の仕事で、札幌勤務を希望したところ、10社ほど紹介してもらえ、5社の面接を受けました。

今の会社に決めたポイントは?

いちばん大きかったのは、経験やスキルをそのまま活かせる、という点です。収入も希望していた水準をキープできるのも決め手になりました。システム会社の中には、残業が多かったり、休日出勤が多かったりする会社があるので、そこは気をつけましたね。その点、当社はルールもきちんとしているし、面接の雰囲気がよかったです。良い意味でシステム屋らしい社風といいますか、前の職場と似ている雰囲気があるなと感じました。

北海道で働きながらも、仕事やスキルの幅は広がった。

転職していかがですか?

仕事内容はほぼ想像していた通りで、今までの知識がしっかり活かせています。そして、やりがいも増えました。今は自社の薬局がクライアントですし、自分にとっても身近な場所ですから、ユーザーの顔が見えるようになったのは良かったです。実際に薬局に足を運ぶことが多く、自分がやってきた仕事の成果が目の前でわかることも嬉しいです。会社の雰囲気が良く、働きやすい環境に満足しています。

前職と仕事のレベルに違いはありますか?

あまりないですね。直属の上司はスキルレベルの高い方で、こちらが教えてもらうことが多いです。ユーザーとの距離が近いのが魅力で、会社の目の前に薬局があるので、しばしば訪問してヒアリングをすると、期待通りの反応が返ってきたり、要望も聞けるので、開発や改善に役立っています。その一方、業種の違いからくる、価値観の違いを感じました。前職は工業系のメーカーでしたから、効率化が最優先。でも今扱っているのは医薬品なので、正確さが最優先なんです。処方ミスや薬のとり違いは絶対に許されませんから、今の方がシビアかもしれません。発注ひとつをとっても、前職では無駄が起きないような発注が求められていましたが、今は違います。例えばインフルエンザのシーズンに治療薬が在庫切れになっていたらいけませんので、余裕をもった発注が大事。そういった意識の違いを認識する必要がありました。

生活面でも変化がありましたか?

今は札幌市内のマンションに住んでいて、通勤時間は徒歩と地下鉄で25分ほど。以前は1時間近くかかっていたので、通勤は楽になりました。帰宅時間が早くなりましたよ。前の職場は、そろそろ帰ろうと思っても、工場からトラブルの電話がかかってきて、その対応が終わるまで帰れないということがよくありました。でも今の職場はある程度自分で時間を管理することができ、残業もありますが、逆に早く切り上げることができるんです。土日も安定して休めるようになったので、家族は喜んでいます。

札幌の住み心地はいかがですか?

札幌は住みやすいですね。いろんな商業施設がギュッと集まっているので、買い物はしやすいです。名古屋と比べると車が少ないのがいいですね。夏は過ごしやすかったです。妻は初めての札幌ですが、すっかりなじんでいます。カレーが好きなので、二人で札幌名物のスープカレーをよく食べに行っています。その他、お寿司、ラーメンなど、札幌はおいしいものがたくさんあります。

困ったことや課題はありますか?

想像していたよりも、札幌は家賃が高く、名古屋とあまり変わらないと感じます。あと、名古屋にいた頃は、たまに大阪や東京へ夫婦で出かけていました。それが簡単にできなくなったことはちょっと寂しいかもしれません。冬の暖房代も名古屋の時より月1万円は高い気がします。

転職してよかったと思うことは?

ひと言でいえば、平穏な生活を得られたことです。深夜や休日に突然会社に呼び出されることがなくなったのは本当によかった。仕事面でも、Uターンしたらキャリアアップは望めないと思っていたんですが、実際は違いました。前職では、先人たちが作ってきたシステムにひたすら改修を重ねていく、という進め方だったのですが、今は自分たちで1からシステムを作ることができます。しかも、システムの規模自体は小さくなりましたが、全体を見られるようになったぶん、スキルが幅広くなると感じています。前はプロジェクトの規模は大きくても、自分が携われるのはほんの一部でしたから。また両親にも、北海道に帰ってきたことで、「ほっとした」と言ってもらえました。

前職とのギャップは感じませんでしたか?

私が感じたのは、良い意味でのギャップでした。前の会社は様々なルールがきっちり決まっていて、1つの承認を得るために出てくる上長の人数がとても多かったんです。その一方で、面識があるのは部門長くらいまで。社長と話せる機会なんてありませんでした。それが今では、承認を得るまでのスピードが速いし、中途入社して間もないのに、社長が出席する会議にも同席できます。上の人達の顔が見えると、仕事の進め方もスムーズになりますし、モチベーションも違いますよね。

転職を考えている人にアドバイスをお願いします。

1人で活動するよりも、転職支援会社に相談した方が絶対にいいと思いました。求人を紹介してもらえるだけでなく、話をしているうちに自分の方向性が定まってきます。自分がなぜ転職したいのか。どんな仕事がいいのか。何を優先するのか。コンサルタントの方に話を聞いてもらっているうちに、考えが自分の中で整理できて、条件が整っていくのを感じました。ですから、転職についての満足度は非常に高いです。そこをあいまいにしたまま転職すると、入社後に「違った」となるのではないでしょうか。また、地方だから良い会社はない、ということもありません。全国各地にがんばっている会社があるし、地方でがんばっている人もいます。だから必ず、自分が求める職場と巡り合えるはずです。

担当コンサルタントから

リージョンズ株式会社 
福澤 謙二郎

当時愛知県在住の高畑さんと初めてお会いしてから、メディカルシステムネットワーク社へのご入社の決断をするまでの約2か月間、色々なやりとりやアドバイスをさせて頂きました。特に選考の後半の山場の時には、高畑さんがご多忙のため、毎週日曜日の朝に打ち合わせをしていたことを思い返しておりました。先日、今回のリージョナルHEROの取材をきっかけに、高畑さんと久しぶりに会話をすることができました。非常にお元気そうで、上司や同僚の方々にも恵まれており、また道内在住のご両親にも親孝行ができたとお聞き、Uターン転職のお手伝いができたことにとても喜びを感じました。今後の、札幌での公私ともに更なるご活躍を祈念しております。

転職成功者インタビュー一覧

ページトップへ戻る