リージョナルグループスタッフBlog

愛知その他2017.05.11

異業種・異職種への転職が急増中!

異業種・異職種への転職を成功させることができるのは、20代までという説があります。
中途採用をする会社の多くは、その人が前職で培ったスキルや経験値を重視しています。
異業種・異職種からの転職では過去の経験や実績をアピールすることも難しく、
同業種・同職種の転職よりも成功率が低いのが事実です。

しかし転職市場が拡大している現在では、異業界の新しい風を取り込みたいと思っている企業も多数あり、
年代問わず、異業種・異職種への転職が活発になっています。

例えば、IT企業でSEとして活躍されていた方が、自動車や電子部品メーカーへ転職したり、
技術コンサルタントとして採用されることがあります。
またIT技術を活かし、マーケティングや経営企画といった、まったく別の分野に進む例も増えています。

これらの背景にあるのは、身の周りのあらゆるモノがインターネットにつながる仕組みであるIoTの普及です。
テレビやエアコンなどの家電から、自動車・交通機関・医療・農業までIoTはさまざまな分野で活用されています。
このIoTの普及により、今までとは違う業種・職種への転職を成功させるIT技術者が増えているのです。

このように、違う業界・職種に転職するからといって、これまでのキャリアが全く活かせないというわけでは
ありません。

異業種・異職種への転職を成功させるために重要なのは、これまでの仕事と新たな仕事との接点を探し出しすこと。
どんな些細なことでも良いので接点を見つけ、その点について、いかに実力を発揮できるかをアピールしましょう。

企業は、転職者が今までのキャリアをどのように活かして、自社にどこまで貢献ができるかが知りたいのです。
新たな仕事で今までのキャリアをどのように活かせるのかを、どうアピールできるか。
これが異業界・異職種への転職に限らず、転職を成功させるうえで、大きな分かれ道になります。

70b48ef14f776bb04700aa286eaf1f59_s.jpg

この記事を書いた人

リージョナルスタイル認定スタッフ
リージョナルキャリア愛知

バックナンバー

リージョナルキャリア愛知サイトへ

PAGE TOP

求人検索
地域で探す
北海道・東北 関東 北信越 東海 関西 中国 四国 九州・沖縄
職種で探す
営業系 事務・管理・企画系 サービス、販売、運輸系 Web・クリエイティブ系 専門職(コンサルタント、金融、不動産) ITエンジニア 電気、電子、機械技術者 素材、食品、医薬品技術者 建築、土木技術者 教育、医療、福祉 その他
業種で探す
IT・通信 金融・保険 メーカー(電気・電子・機械系) メーカー(素材・消費財・医薬・食品・その他) 商社(電気・電子・機械系) 商社(総合商社・素材・消費財・医薬・食品系) 流通・小売・サービス 専門コンサル・ビジネスサービス 広告・出版・印刷・マスコミ 建設・土木・不動産 その他
面談会情報を探す