エントリーはこちら

地域情報 産直ブログ

一覧に戻る

大阪その他

転職エージェントの上手な利用方法Vol.1

みなさん、こんにちは。
リージョナルキャリア大阪の梅原(父)です。

大阪の緊急事態宣言も明けてから約3週間。通勤時間帯の人の数や仕事終わりに居酒屋で一杯という方も徐々に多くなってきたように思います。
やっと通常の日常がそこまで来ているようで、気持ちも晴れやかな感じです。

さて本日は転職エージェントの上手な使い方について書いてみたいと思います。
今回のVOL.1の結論を先に書きます!

「「転職エージェントは2つ~3つの会社と面談した方が良い」」
(大手エージェント1社、中堅・中小規模エージェント1社~2社)

その理由をここから紹介していきたいと思います。


メリットデメリット.jpg


■そもそも大手エージェントとは?
・リクルートエージェント
・パーソルキャリア(doda)
・ジェイエイシーリクルートメント
・マイナビエージェント
・パソナキャリア
ほか(順不同)

■大手を1社は選ぶ理由
大手エージェントはその知名度と長年の営業実績を活かして多くの求人企業を抱えています。そういった理由から多くの求人を見たい場合は大手エージェントに登録する事が近道となります。
一方で、あまりに多くの求人が届いて選べない、希望と合致しない求人が多い、などそこに不満を持つ転職希望者の方もかなり増加しております。
※大手エージェントは1社で十分かと思います。
※大手エージェントは企業側を担当している営業と、皆さんとお話しているキャリアアドバイザーとに分かれている会社が多く細かな情報が入りにくい傾向があります。

■中堅・中小規模エージェントの選び方

1,求人で選ぶ
リクナビNEXTやビズリーチに登録されている方は転職エージェントから多くのオファーが届くと思います。その場合は「求人企業がはっきりとわかるオファー」を送ってくるエージェントを中心に面談希望された方が良いと思います。
その理由は、「その求人企業」の会社の特徴、求める人物像、選考試験のパターンなどに詳しい可能性が高く、その企業に応募するとなった場合には有利な情報を得ることができるためです。

2,特徴で選ぶ
例えば私たち「リージョナルキャリア」は全国26の都府県に根付き地元転職やUターン転職など地域に特化した転職に強み持ちます、=それはあまり転勤のない求人を多く持っているという事です。
あとは「業種別 例:医療専門、メーカー専門、管理部門系職種専門」など、専門性をアピールしている企業などがお勧めとなります。

■まとめ
大手エージェントを利用するのも、私たちのような中小エージェントを利用するのも
転職を考えているみなさんにとってメリットがないと意味がありません。
今、どんなアドバイスが欲しいか、それによって多くあるエージェントを使い分けてみる。
そういった考え方も短期勝負の転職活動ですから必要になってくると思います。

弊社では毎週末に転職相談会を行っております。
もしよろしければ以下のリンクよりご確認ください。

---------------------------------------------
ご登録希望の方

https://rs-osaka.net/

個別相談会への申し込み希望の方(定期開催)


https://rs-osaka.net/career/

---------------------------------------------

この記事を書いた人

リージョナルスタイル認定チーフコンサルタント
梅原 満

バックナンバー

カテゴリ一覧