エントリーはこちら

キャリアアップコラム

一覧に戻る

株式会社クライス&カンパニー代表取締役社長 丸山 貴宏

当社がお取引しない企業

当社のクライアントは「独自の審査基準で厳選した」とWEBサイトでうたっています。 実際会社に訪問させていただき、経営の数字面から社長や事業責任者のお人柄、会社の雰囲気までをチェックした上で、是非お手伝いしたいと思う企業をクライアントとしてお手伝いさせていただいています。

一方、今までの経験で、こんな会社とはお取引しない、お手伝いしない、というネガティブリストもあります。

・経営者(陣)が不誠実
私たちは経営者と直接やりとりすることも多く、経営者や経営陣から多くのことを感じます。 多くは感激したり感心したりとプラスのことが多いのですが、稀にとんでもない経営者(陣)がいます。

先日も弊社候補者に「君のことを採用したいんだけど、予算がないのであらためて当社に応募してくれないか」と手数料が掛かる我々からの推薦では不合格として、あらためて通常の応募で費用ゼロで採用しようとした会社がありました。(信じられませんよね) 

また採用したあとに入社した候補者のパフォーマンスにあれこれ文句を言い、我々に採用フィーを払わなかったりと、「人としてどうなの?」と思いたくなる経営者もいます。 こういうことが起こると当社の場合、ワンストライクアウト!もう二度とお手伝いをしません。 誠実さは事業推進にとっては不可欠な要素。 それが欠落しているシーンを目の当たりにすると普段の経営の質は推して知るべしだからです。

実際前者のケースでは「そんなズルを提案してくるような会社には行きません」と候補者がおっしゃってご縁は一瞬にして消滅しました。当然ですよね。


・過剰に値引き交渉する企業
値引き交渉は商取引にはつきものです。 我々もよく値切られることがありますが、基本的には私たちは値引きをしません。 大事な優秀な候補者を値引きしてご紹介するなんて納得できないからです。

多くの企業の方々は当社の仕事のやり方を説明するとよくわかってくださり、「それならむしろ安い」と言って頂けます。ここでお話するのはこのレベルではありません。

まず契約の時に値引き交渉され、採用決定時にも値引き交渉(もちろん契約締結後)、そしてその候補者が入社されたタイミングでさらに交渉、最後に支払いの時まで交渉されます。 もうこうなると理屈もなにもなく、ただただこちらもお願いするしかありません。契約書があるのにおかしな話ですが本当にあった怖い話なのです。

あとは、たくさん採用しているんだから、と値引き交渉されてくる会社もありますね。 大体価格交渉は現場のマネージャーレベルの方が行われます。 バックに「値引かせろ!」号令をかけているオーナー経営者がチラチラ見えます(笑)。

一線を越えた交渉をして苦労しているマネージャーさんの姿とご紹介する候補者の姿が重なってご紹介に二の足を踏んでしまうのはキャリアコンサルタントとして当然の心理ですよね。

以前「企業側は面接だけではなくそれ以外のやり取りもみてますよ」、という「面接外面接」をお伝えしたと思いますが、企業に対しても候補者の代わりに我々が「面接外面接」を行っているということでしょうか。もちろんポイントは上記だけではありませんが。

誠実に事業を行っている高い志を持った経営者をこれからも探し続け、みなさんにご紹介していけるよう頑張って営業活動をしてまいります!

バックナンバー

カテゴリ一覧