リージョナルHERO

転職成功者インタビュー

リージョナルキャリアで転職した
方々に体験談をお聞きしました。

妻が喜んでいるのが何より嬉しい。あとは仕事で結果を出すのみ。

堂本食品株式会社
奥野正史さん(仮名・開発) 28歳

転職回数
0回
転職期間
エントリーから内定まで26日間

奥野さんは鶏卵を生産する農場管理の仕事から食品メーカーの開発職へキャリアチェンジをしたリージョナルヒーローだ。"食"という括りでは同じであるが、まったく異なる仕事に就いて1年。ヤリガイや苦労、生活の変化、そしてこれから。私生活のことも含め、この1年間を振り返って頂いた。(※本記事の内容は、2016年3月取材時点の情報に基づき構成しています)

転職前

業種
畜産業(鶏卵の生産・販売)
職種
農場の管理(生産管理)
業務内容
生産計画の策定や人員配置、現場で日々行っている検品・包装・出荷手配作業などの管理、トラブル対応など

転職後

業種
食品メーカー(佃煮・和惣菜の製造・販売)
職種
開発
業務内容
業務用食品の開発。飲食店やホテル・老人介護施設・学校などで提供される食事(給食)や、スーパー・コンビニで販売されている弁当・総菜など。

新卒時に不採用になった企業からのオファー。

現在のお仕事はどんな内容ですか?

当社は創業100年を超える、佃煮・和惣菜のメーカーです。社名をご存知の方はあまりいらっしゃらないと思うのですが、飲食店やホテル・老人介護施設・学校などで提供される食事(給食)や、スーパー・コンビニで販売されている弁当・総菜に当社の商品が多く使用されています。私は開発職として、主に既存商品のリニューアルに携わっています。

入社前のご経歴を教えてください。

鶏卵を生産する会社の農場で現場のリーダーをしていました。生産計画の策定や人員配置、現場で日々行っている検品・包装・出荷手配作業などの管理、トラブルへの対応などが主な仕事です。また、生産性を高めるための現場改善に取り組んでいました。

転職のきっかけは?

きっかけがあったわけではないのですが、入社から3年が経過し、「このままではマズイな」という気持ちが徐々に大きくなった、ということです。前の会社には総合職として入社したのですが、入社時から飼料の開発に携わることを希望していました。最初は現場を知るということで配属された農場で頑張っていたのですが、農場での仕事が評価され、徐々に責任ある立場になっていったんです。評価して頂けるのはとてもありがたかったのですが、開発の仕事に就きたいという気持ちは変わらず持っていましたので、複雑な気持ちでした。もちろん先のことはわからないのですが、このままだと開発への異動は難しいのではないか、と思うようになったのが転職を意識し始めた理由です。また、子供が生まれたことも大きかったです。妻も私自身も広島を離れたくない、広島で子育てをしたい、という気持ちが強かったのですが、農場は県外にもありますので、転勤の可能性が付いて回ります。あと、農場は山奥なので郊外に住んでいましたが、妻は街が好きで、もっと市街地に近いところが良いとは前々から言っていました(苦笑)。子供の保育や教育のことなど少し先のことを考えると、もう少し利便性の高い場所が良いな、という思いは僕自身にもありました。

転職活動はどのように進めましたか?

情報収集をしながら徐々に活動していこうと考えていました。農場での管理業務経験のみだったので開発職としての転職は簡単ではないだろうなと思いつつ、大手転職サイトに登録しました。すると、登録した直後にリージョナルキャリア広島からオファーメールが届いたので驚きました。すぐに面談してもらい、そのときに紹介してもらったのが堂本食品でした。その時は「開発」ではなく「購買」の求人だったのですが、購買の仕事もとても魅力的でしたし、何より私は“縁”を感じて選考を希望しました。実は、就職活動の時に堂本食品の説明会に参加し、選考を受けていたんです。選考では不採用となってしまったのですが、会社説明会で感じた会社の雰囲気がとても良く、「この人たちと一緒に仕事ができたら楽しいだろうな」と当時思っていました。それでも、就職活動時に一度不採用となっているので、もう一度選考をしてもらえる可能性は低いだろうと思っていました。しかし、コンサルタントは面談の際に「奥野さんなら面接に進んで頂けますよ」と仰っていて、実際に面接に進めるという連絡があった時には企業との関係性の深さを感じました。

今の会社に決めたポイントは?

いろいろなことを経験させてもらえ、成長できると感じたところが大きいです。前向きに取り組む人、挑戦する人に寛容で、応援する風土があって、そこがすごく良いなと思いました。また、これは就職活動の時の印象と変わらないのですが、やっぱり会社の雰囲気が良さそうだと感じた点もポイントです。良い意味で肩の力が抜けているというのか、自然体な方が多いなという印象です。

人があっと驚くような新商品を開発したい。

転職していかがでしたか?

正直言うと、苦戦しています(苦笑)!前職の仕事は管理やオペレーションがメインでしたので、業務開始時に一日の計画を組み立て、計画通りに仕事を進めていくので、決まっていることを着実に実行するという仕事です。それに比べると今の開発の仕事は極端に言うと決まっていることがない。目指しているゴールはあるのですが、そこへのアプローチ方法に答えがないので、自分で答えを見つけないといけません。原料や調味料、調理方法は多種多様です。食感、風味、味付け、色味など、それらを目指しているゴールへ到達させるためのアプローチ方法、組み合わせは無限にあります。まだまだ私にはその経験や知識が不足しているので、試作を繰り返し、経験値を積み上げる毎日です。成功体験もまだ少ないですし、「狙い通り!」みたいなことはないのですが、テーマをクリアできた時はとても嬉しいですね。近道はない仕事ですので、テーマをひとつひとつクリアして、早く新商品開発ができるようになりたいです。人があっと驚くような新商品を開発して会社の売上に貢献するのが目標です。

転職して良かったと思うことは?

苦労も多いのですが、やっぱり新しいことに挑戦できて、ヤリガイがあるところですね。前職の時もいろいろと考えて仕事をしていたつもりでしたが、今となっては「何も考えていなかったな」と思えるほどです。それぐらい覚えることや考えることが多い。一歩踏み出して、今そんな経験ができているということは本当に良かったと思います。

生活面での変化はいかがですか?

妻は街が近くなって喜んでいます(笑)。家の近くに大型ショッピングモールがあり、休みの日には子どもを連れてよく遊びに行ってます。今住んでいるエリアは子育てをしている家族が多くて、我が家も初めての子育てですから、育児相談ができる人たちが近くにいるのは妻にとっては助かるようです。休みで言うと、年間休日が大幅に増えました。前職の農場は生き物相手でしたから、シフト制の勤務で長期休暇もありませんでした。堂本食品は年末にかけておせち料理の販売で土曜日出社もありますが、長期休暇もありますし、年間でも30日近く休みが増えたと思います。それと、妻の地元が北九州なのですが、妻が実家に帰りやすくなり、妻の両親が遊びに来ることもあるので喜んでいます。そう考えると、妻が喜んでいることの方が多いかもしれませんね(笑)。でも私にとってはそれが一番良かったことかもしれません。

困っていることや課題はありますか?

堂本食品に入社して、かなり太ってしまいました・・・。もともと太りやすい体質ではあるんですが、仕事がら試食は付き物ですし、勉強したいので先輩の試作も積極的に食べるようにしています。試食するのも仕事ですから。前職は農場の中を動き回っていましたが、今は前職のような動きはないので、オフでしっかり体を動かさないといけないなと思っています。このままでは着れる服がなくなってしまいます・・・(笑)

転職を考えている人にアドバイスをお願いします。

まだまだ自分もこれからなので偉そうなことは言えないのですが、自分の知らないこと、経験のないことでも飛び込んでみて一生懸命頑張れば何とかなるというか、きっと結果は付いてくるものなんじゃないかなと思っています。誰かがやっていることなんだから、自分にできないことはないはずだ、と。だから、まず飛び込んでみる、ということが大事なんだと思います。もちろん、そこで合わないこととか想定外のこともあるでしょうけど、そのこととも一生懸命向き合えばきっと前向きに捉えられるようになるのではないでしょうか。

担当コンサルタントから

株式会社ライフサイズ 
瀬川 泰明

「良い人そう」それが奥野さんの第一印象でした。実際にお話をしてみても誠実で朗らかで心根がまっすぐな好青年でした。奥野さんは、堂本食品で働く人たちには自然体な人が多いと仰っていましたが、奥野さん自身がとても自然体な方で、お会いしてすぐに堂本食品の雰囲気に合う人だなと感じました。また、お話をする中で挑戦できる環境で自分を高めていきたいと思っておられることをひしひしと感じました。入社して1年、今はまだ「生みの苦しみ」の中にいらっしゃるようですが、奥野さんならきっとそこを乗り越えて活躍される日がくると確信しています。あっと驚くような商品を開発されるのを楽しみにしていますよ!

転職成功者インタビュー一覧

ページトップへ戻る