コンサルタント紹介

立木 孝俊

リージョナルスタイル認定チーフコンサルタント

担当エリア:長野

​2002年、ホンダカーズ京都に入社。2004年、飲食店経営を経て長野県へIターン移住(Iターンの理由はスノーボードを思い切りやりたかったから)。2006年、株式会社リクルートに入社、長野支社HR事業部にて長野県東信地区を中心に約200社を担当。2008年、チーフ職へ昇格。長野県内の企業へ人材採用の提案を行うとともに、地方企業の採用課題を検討する社内プロジェクト【中途採用PJT】に長野支社代表として参加。2010年、リクルートを退職。2012年、「暮らしたいところで思い切り働く」を実現するため株式会社エンリージョンに入社。

保有資格

国家資格キャリアコンサルタント
国家検定 2級キャリアコンサルティング技能士

コンサルティング・転職支援実績

実績概要

・候補者面談数(キャリア通算) 1000名~

・転職支援における候補者の転職前平均年収(直近3年間) 400万円~700万円

・転職支援時(入社時)の平均年収(同上) 400万円~700万円

実績詳細

年齢 企業/ポジション 入社時年収
​38歳 機械系メーカー/社内SE 720万円
52歳 機械系メーカー/生産管理 710万円
38歳 機械系メーカー/メカ設計エンジニア 630万円
​42歳 アミューズメント業/店舗開発 630万円

※掲載可能なものだけを選んでいます

登壇・メディア紹介実績

2019年6⽉
【登壇】NPO法人ふるさと回帰支援センター「長野市で働かないか?~お伝えします!長野市のおしごとの最前線!~セミナー」
2016年6月
【登壇】長野県U・Iターン転職支援事業「長野県への転職セミナー」

コンサルタントより

大好きな長野で思い切り働く。 そんな人がたくさん集まれば、長野県はもっと魅力的になる~
『暮らしたいところで思い切り働く』これは我々リージョナルスタイルの基本理念の一部ですが、いい言葉ですよね。 私自身Iターンで長野にやってきた人間ですが、ご家族のこと、環境のこと、様々な理由で地方で暮らすことを決めた時、まず突き当たる壁は情報の少なさだと思います。 本気で転職活動を開始した時、「暮らしたいところ」は決まっているのに、いざ情報を集めだすと、「思い切り働く」場所が見つからない。その結果、地方への転職自体をあきらめる方や、ご自身の「何がしたいか?」には目をつむり、これまでの経験から「何ができるか?」にとらわれて転職活動をされる方が多いように感じています。もちろん、どちらが良い・悪いの問題ではありませんが、願うべくはその両方が揃った幸せな転職をお手伝いしたい。

皆さんの心の奥底にある「何がしたいか?」が会社の目指す方向と一致した時、そこには大きなエネルギーが生まれます。地方の中小企業だからこそ、良い人材が加わることによって爆発的に発展する。そんな様子を何度も見てきました。そのような思いから、皆さんの「何がしたいか?」にフォーカスし、「企業の想い」と「あなたの想い」が重なる場所を一緒に探したいと思っています。

あなたの幸せな転職により地元企業が活性化される。 その結果、長野全体が元気になる。 そんな未来を実現したいと、本気で考えています。

ライフワーク

スノーボードを本気でやりたくて十数年前に長野県へ移住してきました。今でも毎年数十回はゲレンデに足を運んでいます。

コンサルタント一覧

関連情報

転職成功者インタビュー

企業TOPインタビュー

ブログ

ページトップへ戻る