リージョナルグループスタッフBlog

香川その他2018.03.23

「メラビアンの法則」

こんにちは。香川の転職エージェント リージョナルキャリア香川の山下です。

いつも弊社ブログを読んでいただいている皆様、ありがとうございます。
今回は、「メラビアンの法則」をご紹介します。

このメラビアンの法則とは、
1971年にアメリカの心理学者アルバート・メラビアンが提唱した概念で、
話し手が聞き手に与える影響を、研究と実験に基づいて数値化したものです。


具体的には、話し手が聞き手に与える影響は「言語情報」「聴覚情報」「視覚情報」の3つで構成され、
それぞれの情報の影響力は以下の割合であるというものです。
・言語情報(Verbal)...7% (話し手が発する言葉の意味や話の内容)
・聴覚情報(Vocal)...38% (話し手が発する声のトーンや大きさ、また、話し方や話す速さ
・視覚情報(Visual)...55% (話し手の表情や目線、態度、仕草、見た目など)

これは、どれが最も大事かということではなく、
聞き手がどれを優先的に察知し判断するかというデータになります。

メラビアンの法則は、どんなシーンにも活用できるものだと感じます。
就職・転職における求職者の面接シーンも例外ではありません。

まずは最も優先度の高い視覚情報として、
身だしなみを整え、話している内容に適した表情や身振り手振りが効果的です。
面接官もこの時点である一定の評価を下すといっても過言ではありません。
同時に、声についてもその場に適した大きさや高さが重要ですし、話のテンポも大切です。
最後に、言語情報(話の内容)は、影響力の割合が7%と最も少ないからこそ、
より端的でインパクトのある内容にすることが大事であると言えます。

面接は限られた時間の中で行われますので伝えたいことを分かりやすく話す必要があります。
また、聞いている面接官も、よく分からないことを長々と聞かされては内容を理解しがたいでしょう。
短く端的に、話の道筋の沿った内容を伝えていくよう心掛けていただければと思います。

今回は面接のシーンを例に「メラビアンの法則」の活用について書きましたが、
この法則は、ビジネスシーン全般において重要な第一印象やコミュニケーション力の向上、
そして相手に伝えたいことを伝える力の向上に繋がります。

ぜひ皆様も改めて意識していただき、
それぞれのビジネスシーンや転職活動に役立てていただければと思います。


この記事を書いた人

リージョナルスタイル認定コンサルタント
山下 裕記

バックナンバー

リージョナルキャリア香川サイトへ

PAGE TOP

求人検索
地域で探す
北海道・東北 関東 北信越 東海 関西 中国 四国 九州・沖縄
職種で探す
営業系 事務・管理・企画系 サービス、販売、運輸系 Web・クリエイティブ系 専門職(コンサルタント、金融、不動産) ITエンジニア 電気、電子、機械技術者 素材、食品、医薬品技術者 建築、土木技術者 教育、医療、福祉 その他
業種で探す
IT・通信 金融・保険 メーカー(電気・電子・機械系) メーカー(素材・消費財・医薬・食品・その他) 商社(電気・電子・機械系) 商社(総合商社・素材・消費財・医薬・食品系) 流通・小売・サービス 専門コンサル・ビジネスサービス 広告・出版・印刷・マスコミ 建設・土木・不動産 その他
面談会情報を探す