リージョナルグループスタッフBlog

愛媛その他2018.03.16

Uターンを経験して感じる「お金」の実感

こんにちは。
愛媛の転職エージェント リージョナルキャリア愛媛の松本です。

私がUターンでリージェントに入社して、早いもので5か月がたちました。
毎日勉強の日々ですが充実した毎日を過ごしております。
私の近況報告はさておき、今日は改めて実際にUターンしてみて感じた変化、特に「お金」の話をしたいと思います。

地元に帰りたいと思った時に「地方に帰ると年収が下がる」という不安。
それだけを考えると、「年収が下がったら生活できない」と思われる方も多くいらっしゃると思います。
もちろん人によりますが、意外とそうでもなかった、と答える方も多いです。
実際に私はUターン転職をした事で、家計は以前より余裕が生まれています。
理由として私の場合は単身赴任でしたので家賃の差ではなく、ランニングコストの変化が大きいと感じています。

前職では単身赴任時に家賃手当が全額支給されていたので、二重家賃になる事はありませんでしたが、
光熱費は当然支給されないため光熱費が当時の半分になりました。
また、私は料理が全くできないため、ほぼ毎日コンビニか外食だったのが今では毎日家でご飯を食べるので食費が大幅に減少しました。(健康にも良いですね!)
毎日買っていた飲み物も水筒に変わり月に数本ほどに減少、お昼もランチに行っていたのがUターン後はうどんに変わり減少しました。
(ここは私のお小遣い範囲なので、お小遣いがかなり浮くようになりました。笑)
細かいところを見るともっとあるのかもしれませんが、当時毎月支払われていた単身赴任手当を差し引いても、今の方が以前より余裕が生まれています。

その他にも、週末遊びに行くのも公園や自然がいっぱいあるのでお金を使わずとも子供たちは思いっきり遊んでいます。
お金以外では当然家族の時間も増え、たまに子供達はおじいちゃん、おばあちゃんが遊んでくれるので自分の時間も増えました。

冒頭に記載した「地方に帰ると年収が下がる」こと。
実際に多少下がる事が多いのは現実で、Uターンで失うモノもあるかもしれません。
けれどそれだけではなく、代わりに得るモノ、増えるものモノ、意外と変わらないモノも多くあるのではないかと思います。
「帰りたいけどお金が。。。」と不安になられる時は、目に見えやすい収入だけではない「お金」も考えてみてはいかがでしょうか?

※リージョナルキャリア愛媛は(株)リージェントが運営しています。

この記事を書いた人

リージョナルスタイル認定コンサルタント
松本 俊介

バックナンバー

リージョナルキャリア愛媛サイトへ

PAGE TOP

求人検索
地域で探す
北海道・東北 関東 北信越 東海 関西 中国 四国 九州・沖縄
職種で探す
営業系 事務・管理・企画系 サービス、販売、運輸系 Web・クリエイティブ系 専門職(コンサルタント、金融、不動産) ITエンジニア 電気、電子、機械技術者 素材、食品、医薬品技術者 建築、土木技術者 教育、医療、福祉 その他
業種で探す
IT・通信 金融・保険 メーカー(電気・電子・機械系) メーカー(素材・消費財・医薬・食品・その他) 商社(電気・電子・機械系) 商社(総合商社・素材・消費財・医薬・食品系) 流通・小売・サービス 専門コンサル・ビジネスサービス 広告・出版・印刷・マスコミ 建設・土木・不動産 その他
面談会情報を探す