リージョナルグループスタッフBlog

愛知その他2016.12.15

「偶然発見」を得るためには・・・

データによると、転職先を決める際の優先項目として、
「社風」を重視する人は74.8%と圧倒的多数を占めています。

長く仕事を続けていこうとする上では、働き方や働いている人の雰囲気は重要ですよね。

では、どのように社風を見極めれば良いのでしょうか。
ホームページや会社案内だけでは難しいですよね。
社風の見極めには、実際に社屋を訪れたり働いている人と話をしたりするなど、
アナログな情報を得ることが有効になります。

まず第一に、転職活動は行動することが大切です。
「希望の職種ではないから興味がわかない」と行動せずにいることは、
もしかしたら大きな発見を逃している可能性もあるのです。

実際に、こんな事例がありました。
保険営業をしていたAさんは転職活動を始めました。
職種については、「営業職以外を希望」と言っていたので、
営業職以外の何社かを紹介し、書類審査も難なく通過しましたが、
どこも「ピンと来ない」と辞退しました。

そこで「営業職の募集になりますがAさんに合いそうな会社がありますので、
一度その会社を見てみませんか?」とI社を提案しました。
Aさんは「自分に合う会社がどんな雰囲気なのか知りたい」と面接を受けました。

するとその面接で、面接官や働く人たちから話を聞き、
「自分もこんなふうに働きたい」とI社への入社を決めました。
こうしてAさんは理想の働き方に出会い転職を成功させたのです。

Aさんが転職に成功したポイントは、希望職種ではなかったにも関わらず、
「行ってみる」というアクションを起こしたことです。
これが理想の会社を「偶然発見」する幸福を呼び寄せました。

このほかにも、キャリアコンサルタントに紹介され、
今までは考えたこともなかった企業だったけれど、話だけでも聞いてみようと応募し、
面接で「社長と意気投合し入社を決めた」というケースもよく聞く話です。

「やりたいこと」が明確な場合、希望とは違う求人情報に目を向けることは
難しいかもしれません。
しかし、「興味がわかないから」と行動しなければ新しい可能性は生まれません。
生きた情報は、積極的に行動しなければつかめないのです。

これは人生のどの場面でも言えることです。
振り返ってみると、「あの時、たまたま、あそこに行ったから」、
今の自分がある、ということはないですか?
学生時代の部活であったり、就職であったり、結婚であったり。
「偶然」のことで人生が変わるのです。

「偶然発見」
という幸運に出会うために、行動を増やしてみませんか?

123.jpg

この記事を書いた人

リージョナルスタイル認定スタッフ
リージョナルキャリア愛知

バックナンバー

リージョナルキャリア愛知サイトへ

PAGE TOP

求人検索
地域で探す
北海道・東北 関東 北信越 東海 関西 中国 四国 九州・沖縄
職種で探す
営業系 事務・管理・企画系 サービス、販売、運輸系 Web・クリエイティブ系 専門職(コンサルタント、金融、不動産) ITエンジニア 電気、電子、機械技術者 素材、食品、医薬品技術者 建築、土木技術者 教育、医療、福祉 その他
業種で探す
IT・通信 金融・保険 メーカー(電気・電子・機械系) メーカー(素材・消費財・医薬・食品・その他) 商社(電気・電子・機械系) 商社(総合商社・素材・消費財・医薬・食品系) 流通・小売・サービス 専門コンサル・ビジネスサービス 広告・出版・印刷・マスコミ 建設・土木・不動産 その他
面談会情報を探す